MENU

NFTアート売れない問題を解決!原因と売れるようになる効果的な戦略

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

  • NFTアートに手を出したものの、うまくいかない
  • どうしたら作品が評価されるようになるの?
  • NFTアートの販売戦略が知りたい

NFTアートが思うように売れず悩む人は多いです。この記事では、NFTアートが売れない理由や特徴を解説します。

最後まで読めば、NFTアートを売るための5つの効果的な戦略がわかります。売れる方法を理解し、NFTアート市場で成功するためのステップをふんでいきましょう。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。

\ 板取引で手数料が安く抑えられる /

目次

NFTアートが売れないおもな理由

NFTアートが売れないおもな理由としてあげられるのは、以下の4つです。

  • 作品が認知されていない
  • 適切な価格設定になっていない
  • 作品にオリジナリティがない
  • 購入者の期待とミスマッチがある

上記のNFTアートが売れない理由を把握し、適切な対策をとればNFTアートの販売促進につながるでしょう。

作品が認知されていない

NFTアートが認知されていない状態は、さまざまな要因が絡みあって生じます。フォロワー数が少なかったり、ソーシャルメディアでの露出が不足したりしているため、作品が人の目に触れる機会が少ないのです。

  • アーティストのフォロワー数が少ない
  • ソーシャルメディアでの露出が不足している
  • NFTプラットフォーム内での表示が目立たない
  • ターゲットオーディエンスに達していない
  • マーケティング戦略が不在または不十分である
  • 口コミやおすすめが広まっていない
  • インフルエンサーやコレクターとのネットワークがない
  • SEOが施されていないWebサイトやページ
  • プレスリリースやメディア掲載の機会が少ない
  • 作品の展示やイベント参加が限られている

NFTプラットフォーム内での表示が目立たないと、潜在的な興味を持つ人にも発見されにくくなります。マーケティング戦略が不十分な場合、作品の魅力を伝えきれず、口コミや推薦が得られるチャンスを逃してしまうでしょう。

プレスリリースやメディア掲載の機会が少なかったり、展示会やイベントへの参加が不足したりしているのも認知度が低い原因です。さまざま要因が重なるとアート作品が見過ごされ、潜在的な購入者に到達するのが難しくなります。

作品が認知されていない状況を改善するためには、視認性とアクセス性を高める取り組みが重要です。

適切な価格設定になっていない

NFTアートが売れない一因として、適切な価格設定が行われていない点もあげられます。市場の相場と比較して価格が高すぎたり、逆に低すぎたりすると、コレクターにとっての購入障壁となる可能性があるのです。

価格設定には、対象コレクター層の購入能力の考慮が大切です。初期作品にもかかわらず、既存のアーティスト作品と同等の価格設定をしてしまうと、価値を見出してもらえないリスクが高まります。

価格変動トレンドへの迅速な対応の遅れや、とくに暗号通貨価値が変動した際の価格設定の見直しも必要でしょう。価格設定の根拠が不明確だと、コレクターの購入意欲を削ぐことになりかねません。

稀少性やユニーク性が価格に反映されていない場合や、コレクション全体で一律の価格設定がされている場合も注意が必要です。コレクターは、作品価値の見極めが不足しているととらえるからです。適切な価格設定は、売買成立のための不可欠な要素といえるでしょう。

作品にオリジナリティがない

オリジナリティがない状態は、NFTアートが売れない重要な理由の1つです。独自の芸術的スタイルやテーマがないと、市場に溢れる類似の作品との差別化が困難になります。ほかのアーティストの作品に似ていると、模倣の印象を与えてしまい、創造性や独創性が感じられなくなるでしょう。

  • 市場に溢れる類似作品との差別化が不足している
  • 独自の芸術的スタイルやテーマが確立されていない
  • ほかのアーティストの作品を模倣した印象になってしまう
  • 創造性や独創性が感じられない作品は購買意欲を削ぐ
  • 既存のアート作品と比べて新鮮味や驚きが不足している

作品にオリジナリティがないと、新鮮味や驚きが足りず購買意欲を削いでしまいます。独自性のある作品は、みる人に強い印象を残し、アート作品としての価値を高められるでしょう。アーティストとしての独自の視点を作品に反映させることが、NFTアートを購入してもらうポイントです。

購入者の期待とミスマッチがある

NFTアートが売れない要因の1つに、購入者との期待のミスマッチがあります。購入者はアートを通じて、特定のスタイルや品質、将来の価値を見出したいと考えているため、期待が満たされなければ購入にいたりません。

購入者がモダンアートを求めているにもかかわらず、提供されるのがクラシックスタイルであった場合、購入にはいたりません。求めるニーズが作品に反映されていないからです。NFTとしての価値や作品の使い道も、購入者の望む要素がない場合は、購入の決断を躊躇させる要因となるでしょう。

購入者の期待と現実とのギャップを埋めるのは、作品が売れるために非常に重要です。作り手は購入者の期待を理解し、ニーズに応える作品を提供することが求められます。
» NFTアートの作り方

売れないNFTアートに共通する特徴

売れないNFTアートのおもな特徴には、以下のような共通点がみられます。

  • 競争が激しいジャンルへ参入している
  • 購入者にとって実用性がない
  • コンセプトやストーリーがわかりにくい
  • 投資先としての魅力が低い

売れないNFTアートの特徴を把握し改善すれば、NFTアートの売上向上に結びつく可能性があります。特徴をふまえたうえで、NFTアートを効果的に売るための戦略を模索していきましょう。

競争が激しいジャンルへ参入している

NFTアート市場では、多くのクリエイター参入で競争が激化しています。とくに人気の高いジャンルでは作品同士が類似し、個々の作品を目立たせるのが困難な状態です。

新規参入者にとっては、作品を際立たせるのが一層困難で、価格競争に巻き込まれることもしばしばです。市場が飽和状態になると、限られた買い手のために売上を伸ばすのが大きな課題となります。

厳しい状況の中、クリエイターは差別化戦略やターゲットとなる購入者層にアピールする方法を検討する必要があるのです。

購入者にとって実用性がない

NFTアートが売れないおもな理由の1つに、実用性がない点もあげられます。NFTアートは、たしかにデジタル所有権の証としての機能を果たしていますが、実際の使用価値についてはほとんど語られません。作品がデジタルディスプレイや実際の展示に不向きであれば、購入者が日常生活で楽しむのは難しいでしょう。

双方向での情報のやり取りができないデジタルコンテンツの場合、購入者が体験できる価値を損います。追加の特典や恩恵がないNFTは、購入後の満足度を下げる傾向にあるでしょう。以上の要因が複合的に作用し、NFTアートの市場における売れ行きに影響を及ぼしているのです。

コンセプトやストーリーがわかりにくい

コンセプトやストーリーがわかりにくいのも、売れないNFTアートの特徴です。コンセプトが不明確な場合、購入者は作品の意味やアーティストのビジョンを把握するのが困難になります。結果的に、作品は単なる画像と見なされ、文化的や社会的な背景が伝わらず、購入者は作品の価値を見出せなくなるでしょう。

  • コンセプトや背景の不明瞭さで、購入者が作品の深い意味を理解できない
  • ストーリーテリングが欠如しており、作品の独自性や創造性が伝わりにくい
  • 作品のメッセージやアーティストのビジョンが不明確
  • 購入動機を刺激する魅力的な物語がない
  • 作品の文化的や社会的な文脈が伝わらない

魅力的な物語が欠けている場合、購入の動機が刺激されず、作品への関心を引き出せません。ストーリーテリングがないと、作品の独自性や創造性の伝達も困難にし、購入者が深く関与する機会を逃す原因にもなるのです。

問題を解決するためには、アーティストが作品の背景やメッセージを明確に伝えるのがカギとなります。購入者との感情を共有できるコンテンツを提供すれば、作品への理解と関心が深まります。

投資先としての魅力が低い

NFTアートが投資家に敬遠されるおもな理由は、投資先としての魅力が低い点にあります。

  • 価値の増加が見込めない
  • 過去の実績や価値の上昇例が少ない
  • リセールマーケットでの需要が低い
  • 流動性が低く、売却が困難
  • 投資リターンに対する信頼性が不十分
  • 経済状況による影響を受けやすい
  • 著名な投資家やコレクターからの支持を得られていない
  • マーケットでの過度の投機行為により価格が不安定

価値の増加が期待できないため、投資先としての魅力が低く感じられます。実際、過去の実績が不足していたり、リセール市場での需要が低かったりすると、流動性(※1)が不足し売却も難しい状況になりがちです。

経済状況の変動によって価値が左右されやすい点も、投資としてのリスクを増加させています。有名な投資家やコレクターから注目を集めていない場合、ほかの投資家にとって投資する動機が薄れるでしょう。

過度な投機行為が価格の不安定さをもたらし、信頼性が低下するも投資の魅力を損なう一因となっています。以上の要因により、NFTアートは投資対象として見向きもされないケースも多いのが現状です。

※1 流動性とは、資産をいかに現金化できるかを示す概念のこと。「流動性が高い」とは、迅速に価格の大きな変動がなく売買できる状態です。投資戦略には、流動性の考慮が重要です。

NFTアートを売るための効果的な戦略

NFTアートを売るための成功への道は、戦略的なアプローチを要します。売れないおもな理由を把握し、特徴を理解したうえで適切な対策をとりましょう。次の5つの戦略について解説します。

  • SNSでプロモーション活動をする
  • 価格設定を見直す
  • ファンとの交流を強化する
  • コンセプトを明確にする
  • 取引前後のサポートを充実させる

上記アプローチを積極的に実行すれば、NFTアートの売上向上が期待できるでしょう。

SNSでプロモーション活動をする

SNSは、NFTアートのプロモーションにおいて非常に強力なツールです。目標とするファンを特定し、ニーズにあったプロモーション活動が重要です。プロフィールを魅力的に整え、自分自身と作品のブランディングを強化しましょう。

定期的にコンテンツを投稿すれば、フォロワーとの関わりを深めることが可能です。ハッシュタグをうまく活用して、関連性の高いコミュニティやイベントに露出するのも、効果的なアプローチでしょう。

インフルエンサーやほかのアーティストとのコラボレーションは、新たなファンを獲得する絶好の機会です。限定的なプロモーションや、無料プレゼントなどを通じて興味をきつけましょう。作品の感想をフォロワーにレビューしてもらえば、より多くの人に認知してもらえます。視覚的に魅力的なコンテンツを作成して共有をうながせば、作品の認知度を広げるのも可能です。

プロモーションの効果を測定するためには、分析ツールの使用が有効です。どの戦略がうまくいっているかを理解し、必要に応じて微調整を行えます。ライブやQ&Aなど、対話式のやりとりが可能な要素をとり入れられれば、フォロワーと直接交流し親密な関係をきずけるでしょう。

プロモーション活動を通じて、NFTアートの魅力を最大限に発揮し、潜在的な購入者にアプローチしてください。

分析ツールの一例

  • Social Dog:SNSアカウント運用・分析支援ツール
  • keywordmap for SNS:ソーシャルリスニングタイプ(SNSで収集した情報を分析、ビジネス戦略に活かすマーケティング手法)のツール
  • Aista:オールインワンタイプ(SNSアカウント運用・分析やソーシャルリスニングなど、さまざまな機能が1つになっている)ツール

価格設定を見直す

価格設定は、NFTアートを売るうえで重要な要素です。市場の価格帯を研究し、作品の価値を比較分析すれば、適切な価格を見極められます。目標顧客層の購買力を考慮した価格設定は、購入を促進するためには欠かせません。価格設定の見直しには、以下のような対策があげられます。

  • ほかのNFTアート作品との価格競争回避のため、独自性を加味する
  • セールスやオークションを利用して時期に応じた価格調整を行う
  • 初回購入者向けの割引や特典を設定して購入を促進する
  • 売れ行きやフィードバックにもとづき定期的に価格を見直す

ほかのNFTアート作品と価格で競争するのではなく、作品の独自性を加味した価格設定で差別化を図ります。セールスやオークションを利用して、時期に応じた価格調整も販売促進に役立つでしょう。

初回購入者向けの割引や特典を設ければ新規顧客の関心をひき、購入のあと押しができます。売れ行きやフィードバックにもとづいて価格を定期的に見直しをすれば、市場の変動に対応し最適な価格保持へとつながります。

チェックポイント

購入者が理解しやすい透明性のある価格設定が大切です。適切な価格設定により、NFTアートの販売を成功に導けるでしょう。

ファンとの交流を強化する

NFTアートを売るうえで、ファンとの交流の強化は非常に重要です。ファンとのつながりを深めれば、作品に対する関心が高まり、購入にいたる可能性が増します。ソーシャルメディアの活用で、ファンと直接コミュニケーションをとれば、すぐ反応を得られるでしょう。ライブストリーミングやQ&Aセッションを開催して、視聴者とリアルタイムでの交流も可能です。

ファンからのフィードバックを受け入れ、作品に反映させれば、よりニーズにあわせた創作活動ができます。ファンは自身も携わった作品だと愛着が持てるようになるでしょう。結果、口コミを広めたりリピート購入につながったりする可能性が高くなります。ファン同士のコミュニケーションを促進するために、フォーラムやディスカッショングループを設置するのもよい方法です。

定期的にニュースレターやメーリングリストで最新情報を共有し、ファン限定イベントを提供するのも関心を引きあげる方法の1つです。ファンが作品に深く関わる機会を提供すれば、深いかかわりを高められます。限定コンテンツの提供やファン作成コンテンツのサポートを通じて、コミュニティの絆を強化していきましょう。

最終的には、ファンとの交流の中で得られた意見を重視し、コミュニティ全体の創造性を刺激するのが重要です。NFTアートの知名度をあげ、作品への注目度を高められるでしょう。

コンセプトを明確にする

コンセプトを明確にするのは、NFTアートが売れるかどうかに大きく影響を与える重要な要素です。コンセプトの明確化は、個性を際立たせ、購入者にとって作品が魅力的に映ります。効果的なアートの販売戦略には不可欠です。

作品にストーリーやメッセージが込められていると、感情的なつながりを生み、購入者の関心をひきます。ブランドメッセージや価値提案がはっきりとしていると、競合との差別化が容易になり、目立つ存在になるでしょう。

ブランディングのためには、SEOキーワードを組み込んだ中核となるアイデアを定め、記事の目的とターゲットとなる購入者を特定しましょう。短く理解しやすいコンセプトで読者の興味をひくのがおすすめです。NFTアートの認知度を高め、売上向上につなげられます。

取引前後のサポートを充実させる

NFTアートを販売する際には、取引前後のサポートの充実が非常に重要です。購入希望者が作品やアーティストについて抱く疑問を解消するためにも、明確なサポート体制を整えましょう。具体的なサポート方法は、以下のとおりです。

  • 顧客サービスの連絡先を明確にする
  • 購入前の質問に迅速かつ丁寧に回答する
  • 使用方法や作品背景などの情報を提供する、FAQ(よくある質問)を用意する
  • 購入後のアフターサービスを提供する(例:作品の保管方法、展示のアドバイス)
  • ユーザーが直面するかもしれない問題解決を支援する
  • トラブル発生時の対応プロセスを明確にする
  • コミュニティやフォーラムでのサポート体制を整える
  • 取引のセキュリティとプライバシー保護に関するガイダンスを提供する
  • 返品や返金ポリシーを明確に定め、公開する
  • ユーザーレビューや評価システムを導入し、信頼性を高める

安心して取引を行えるようにサポート体制を提供すれば、購入者はより信頼感を持ってアートの購入を決められます。購入後のサポートも同様に重要です。作品の保管方法や展示についてのアドバイスを提供すれば、リピート購入をうながせるでしょう。

トラブルが発生した際にも、わかりやすいサポートがあれば、購入者はより安心して取引を進められます。信頼関係を構築するためには、手厚いサポートが欠かせません。

まとめ

NFTアートが売れない原因は、さまざまです。NFTアートの売上を高めるには、作品の認知度をあげる対策が欠かせません。適切な価格設定と、オリジナリティのある作品づくりも重要な要素です。購入者の期待に応えるためには、作品とのミスマッチを避ける必要があります。

NFTアートが売れない原因は、以下が考えられます。

  • NFTアートの認知度が低いと売れにくい
  • 不適切な価格設定は売上に悪影響を及ぼす
  • オリジナリティがない作品は競争で不利になる
  • 購入者の期待と作品内容があっていないと売れにくい
  • 競争の激しいジャンルでは目立たせるのが難しい
  • 実用性のないNFTアートは購入意欲を削ぐ
  • コンセプトやストーリーが不明確なアートは魅力を感じにくい
  • 投資価値が見込めないNFTアートは敬遠されがち

ジャンル内での競争が激しいときは、作品の実用性やコンセプトの明確化、投資価値の提示などで作品を目立たせましょう。SNSの活用や価格設定の見直し、作品の理解を深めるコンセプトの明確化、購入後のサポートの充実なども有効です。

成功を収めるためには、以上の戦略を総合的にとり入れ、一貫した取り組みが求められます。複数のアプローチを組みあわせた戦略的な行動で、NFTアート市場での売上向上を目指しましょう。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。

\ 板取引で手数料が安く抑えられる /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次