MENU

【NFT音楽・ミュージック入門ガイド】作り方や売り方の基本を徹底解説!

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

  • NFT音楽ってなに?
  • NFT音楽の作り方を詳しく教えてほしい!
  • NFT音楽を売りたいんだけど誰でも売れるの?

NFTという技術が音楽業界に革新をもたらしています。音楽の未来が変わろうとしている今、高い注目を集めるNFT音楽を知らない方は多いです。

この記事では、誰でも作成・販売ができ、唯一無二の価値をもつNFT音楽について解説します。記事を読むことでNFT音楽の作り方から売り方まで、基本的な知識を身につけられます。

画期的な仕組みを実現した、新しい音楽の形であるNFTの知識を深めていきましょう。

NFTを購入するには暗号資産取引所でイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。

\ 板取引で取引手数料が安く抑えられる /

目次

NFT音楽とは?

NFT音楽は、ブロックチェーン技術で所有権を証明できるデジタルデータです。ブロックチェーン技術によって所有者の情報が記録されるため、誰でも作ることができ二次販売も可能です。二次販売で得られた利益は、所有者に還元される仕組みになっています。

NFT音楽には、所有者であるアーティストと、購入するファンそれぞれに大きなメリットがあります。

アーティストのメリット
所有者であるアーティストは、中間業者を介さず直接ファンに作品を販売できる。二次販売が認められているため、大きな収益が得られる可能性がある。
ファンのメリット
ファンはアーティストを直接支援することが可能。VIPチケットや特典を手に入れるチャンスもあり、アーティストとのつながりをより感じられる。

NFT音楽の特徴

NFT音楽の特徴は、ほかに誰ももっていない特別な音楽作品として、限定性を高められることです。ブロックチェーン技術により所有権が保護され、取引の透明性が保たれます。

アーティストは特別な音楽作品を直接ファンに販売できるため、中間業者なしで収益をあげられます。

NFT音楽の特徴は以下のとおりです。

  • 唯一無二の価値がつく
  • 誰でも作成と販売ができる
  • 二次販売が認められている

唯一無二の価値がつく

NFT音楽は、ブロックチェーン技術を活用したデジタルデータです。大きな特徴として、世界にひとつだけの価値がある点が挙げられます。それぞれのNFT音楽には一意のシリアルナンバーが付与され、所有権を明確に証明することが可能です。

ブロックチェーン技術については以下のとおりです。

  • ブロックチェーン技術で保護された作品は、改ざんやコピーが不可能である
  • アーティストは作品の所有権を保持できる
  • 唯一無二の価値が付与され限定性が高まる
  • アーティストによる直接的な販売が可能である

NFT音楽はブロックチェーン技術によって、改ざんやコピーが事実上不可能といわれています。NFT音楽が唯一無二という希少性から、コレクターアイテムとしての需要が高まっています。

アーティストにとっても、ユニークなメカニズムを通じてファンに直接作品の販売ができ、より深いつながりを築くことが可能です。

誰でも作成と販売ができる

NFT音楽の作成と販売は、特別な技術や知識がない人でも可能です。インターネット上には、さまざまなオンラインプラットフォームが存在するため、誰でも自分だけのNFT音楽を作成できます。

NFT音楽の作成と販売については、以下のとおりです。

  • オープンソースソフトウェアを用いて音楽を作成し、NFT化できる
  • アーティストは作品の価格を自分で設定でき、直接収益化につなげられる
  • NFTマーケットプレイスを通じ、全世界で作品を展開・販売できる

有名な音楽家でなくても全世界でNFT音楽を販売できるため、直接的な収益化が望めます。

二次販売が認められている

NFT音楽作品は、オリジナルを購入した人の二次販売が認められています。自動化された仕組み(スマートコントラクト)によって、二次販売から得られる収益の一部がアーティストに還元されます。

二次販売については以下のとおりです。

  • 作品の所有権がブロックチェーン上で確認できるため、正規の手続きを経て安全な取引が行える
  • 二次販売による市場価値の変動を通じて、NFT音楽作品の希少価値が高まる可能性がある

NFTマーケットプレイスでは安全な取引ができるため、安心して購入や二次販売が行えます。

「スマートコントラクト」とは、あらかじめ決められた条件で、自動的に取引が実行できる仕組みのことです。自動化された仕組みによって、二次販売からの収益の一部がアーティストに還元されます。

市場価値の変動により、NFT音楽作品の希少価値の高まりが期待されています。NFT音楽は、アーティストと購入者のどちらにとっても、メリットが多いシステムといえるでしょう。

NFT音楽の事例

音楽業界においても、NFT音楽は大きな注目を集めています。著名なアーティストたちがNFT音楽として新たな楽曲やビジュアルアートをリリースし、ファンとの新しい関係性を築いています。

とくに有名な事例として紹介するのは以下の3名です。

  • 小室哲哉氏
  • ジャスティン・ビーバー氏
  • リアーナ氏

小室哲哉氏

小室哲哉氏は日本を代表する音楽プロデューサーであり、ミュージシャン、キーボーディストとしても幅広く活躍しています。

とくに1980年代には、音楽グループ「TM NETWORK」のメンバーとして一世を風靡。音楽グループ「globe」のプロデュースや数多くのアーティストへ楽曲を提供し、日本の音楽業界に多大な影響を与えています。

2021年、自身の楽曲「Internet for Everyone」をNFT化しました。NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」にて、6トラックにわけた楽曲をそれぞれ30,000円でオークション販売。当時70万円以上の高値で二次販売されていました。

音楽業界の先駆者として新しい技術を積極的に取り入れ、常に時代の最先端を走り続けています。

ジャスティン・ビーバー氏

カナダ出身のジャスティン・ビーバー氏は、世界中に多くのファンをもつ人気ポップミュージシャンです。音楽業界における新たな動向として、NFT音楽をリリースしています。

2023年9月、NFT化した人気曲「COMPANY」が販売されました。音楽テクノロジープラットフォーム「anotherblock」から、2,000個限定で販売し注目を集めました。

2022年には、NFTコレクションである「Bored Ape Yacht Club」のコレクティブルNFTを購入しています。

著名なミュージシャンであるジャスティン・ビーバー氏は、積極的にNFT音楽に取り組んでいます。NFT音楽は、さまざまな新しい風を吹き込む可能性を秘めているのです。

リアーナ氏

世界的有名歌手のリアーナ氏はバルバドス出身のシンガーソングライターであり、実業家としても活躍しています。

2023年2月に「BITCH BETTER HAVE MY MONEY」をNFT化し、300個限定で販売しました。Spotifyで6億回以上再生されている人気曲で、販売が始まった途端に数分で完売したのです。

購入者にはロイヤリティとして、NFT化された楽曲のストリーミング再生のうち、0.0033%を所有する権利が与えられます。

NFT市場は著名人にとっても、ファンとの新しいつながりや収益源を拡大するための有効な手段になっています。

NFT音楽の買い方

NFT音楽は、おもにNFTマーケットプレイスで、仮想通貨を利用して購入することが可能です。OpenSea、Rarible、Foundationなど、数多くのマーケットプレイスが用意されています。

NFT音楽の購入方法は、以下のとおりです。

  1. NFTマーケットプレイスを選ぶ
  2. 購入したいNFT音楽の決済通貨と価格を確認する
  3. 仮想通貨取引所で決済用の仮想通貨を用意する
  4. 仮想通貨ウォレットを作成し、仮想通貨を送金する
  5. マーケットプレイスとウォレットを連携し認証完了
  6. NFT音楽を購入または入札する

まずは、NFTマーケットプレイスを選び、購入したいNFT音楽の決済通貨と価格を確認してください。仮想通貨取引所で必要な仮想通貨を購入し、用意した仮想通貨ウォレットに送金します。ウォレットとマーケットプレイスを連携すれば、NFTの購入準備が完了です。

選ぶ際に迷ってしまう場合は、世界最大規模の取引量を誇るマーケットプレイス「OpenSea」をおすすめします。仮想通貨は、基本的にどの取引所でも取り扱っている「イーサリアム(ETH)」を選びましょう。

NFT音楽は、購入形式とオークション形式のどちらかで出品されています。それぞれに合わせて購入または入札してください。

NFT音楽の作り方

NFT音楽は、NFTプラットフォームに音楽データをアップロードするだけで作成できます。

NFT音楽の作成方法は、以下のとおりです。

  1. 音楽データを用意
  2. NFTプラットフォームに音楽データをアップロード
  3. 必要項目を設定しNFT化が完了

ファイル形式は、MP3・WAV・OGGなどに対応しています。

必要項目では、収益を受け取るウォレットの連携や、ブロックチェーンの選択が必要です。すべての設定が完了したら、NFTマーケットプレイスで作品の販売が行えます。

NFT音楽の売り方

音楽データをアップロードしNFT音楽の準備が完了すると、NFTマーケットプレイスで作品の販売が行えます。すでに購入したNFT音楽を二次販売する場合でも、基本的に流れは同じです。

NFT音楽の販売方法は、以下のとおりです。

  1. NFTマーケットプレイスにログイン
  2. 出品したい作品を選択
  3. 作品の内容や情報をできるだけ詳しく入力
  4. 価格や販売形式を設定、出品手続き完了

作品の内容や情報は、詳しくわかりやすいように入力しましょう。特典などをつけて、より魅力的な商品にすることも可能です。

販売形式には、固定価格やオークションなどがあります。必要であれば、販売期間なども設定してください。

ロイヤリティ設定を行うことで、購入者が二次販売した際にも収益を得ることが可能です。興味をもつコレクターやファンへの積極的なアピールが、新たな収益源を築く成功のカギになります。

NFT音楽のよくある質問

NFT音楽についての質問にお答えします。

  • NFT音楽はどのように再生する?
  • NFT音楽を購入するときに税金はかかる?

NFT音楽はどのように再生する?

購入したNFT音楽をダウンロードするだけで、いつでも聞くことが可能です。再生方法は普通の音楽ファイルと同じで、特殊なソフトは必要ありません。

NFT音楽を購入すると、NFTマーケットプレイスのアカウントに保管されます。再生するには、保管されたNFT音楽をダウンロードする必要があります。

購入前に試聴できるNFT音楽の場合は、事前に再生してから購入手続きに入ると安心です。

NFT音楽を購入するときに税金はかかる?

NFT音楽を購入する際、税金が課される場合があります。税金がかかるかどうかは、取引形態や収益によって異なります。多くの場合は、雑所得として課税されることが一般的です。売買日時や価格、通貨名、手数料などをしっかり記録しておきましょう。

NFT音楽を長期的な投資として保有し、将来売却して利益を得た際は、利益に対して譲渡所得が課される場合があります。NFT音楽の出品販売や、二次販売でロイヤリティが発生した場合も所得とみなされます。

税金を正確に計算し申告するためには、関連する費用の記録をきちんと保管しておくことが重要です。

まとめ

NFT音楽は、デジタル資産として注目を集める新しい音楽の形です。所有者であるアーティストや購入するファンに、大きなメリットをもたらします。

NFT音楽については、以下のとおりです。

  • NFT音楽は、デジタル資産として唯一無二の音楽作品
  • ブロックチェーン技術によって、改ざんやコピーが不可能
  • 誰にでも簡単にNFT音楽を作成・販売可能
  • NFT音楽は一次販売だけでなく、二次販売も可能
  • 小室哲哉氏、ジャスティン・ビーバー氏、リアーナ氏など多くの著名人が活用
  • NFT音楽の作成や販売には、NFTマーケットプレイスや仮想通貨が必要
  • NFT音楽は、購入後ダウンロードするだけでいつでも再生可能
  • NFT音楽の売買には税金が発生する場合があるため、記録の保管が重要

NFT音楽は、音楽業界における収益の新たな可能性を秘めています。アーティストが直接作品を販売することで収益を増やし、ファンとの新しい関係を築くことが期待されます。

NFT音楽市場は、音楽とテクノロジーの融合により、新たな価値を生み出しながらますます発展していくでしょう。

NFTを購入するには暗号資産取引所でイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。

\ 板取引で取引手数料が安く抑えられる /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次