MENU

NFTアートを買ってどうする?|保有する価値とおすすめの楽しみ方

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

  • NFTアートの買い方が知りたい
  • NFTアート購入後はどう楽しむの?
  • 購入後の活用方法を教えてほしい

NFTアートは、ブロックチェーン技術を利用した唯一無二の価値をもつデジタルアートです。近年急速な盛り上がりを見せ、取引総額も急成長しています。

この記事では、NFTアートの魅力や購入方法、購入後の活用方法について解説します。記事を読めば、NFTアートの価値や購入後の扱い方がわかるでしょう。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。

\ 板取引で手数料が安く抑えられる /

目次

NFTアートの基本

ここではNFTアートの魅力と、NFTを購入する意味について解説します。

NFTアートの魅力とは

NFTアートの魅力は、以下のとおりです。

  • デジタルで唯一無二の所有権を証明できる
  • 芸術作品へのアクセスがデジタル化され、より手軽になる
  • 既存のアートコレクターだけでなく、新しい層のコレクターを惹きつける
  • ブロックチェーン技術による透明性と永続性が保証される
  • クリエイターが直接収益を獲得できる、新しい経済モデルを提供する
  • デジタルアートの価値と希少性に新たな評価基準をもたらす
  • クリエイターとコレクターをつなぐ作品や、アップデート可能なアートを実現する
  • ソーシャルメディアや仮想空間におけるステータスシンボルとしての側面がある
  • 限定コンテンツやイベントにアクセスできる権利を提供する
  • グローバルな市場で取引できるため、地理的な制限が少ない

NFTアートは「アートを所有して楽しむ」という新しい形を提案し、多くの人々を惹きつけています。
» NFTアートの作り方

NFTアートを購入する意味

NFTアートを購入する意味は、デジタル資産としての価値の保持にあります。デジタルアートは独自性と希少性が高く、コレクションに特別な価値を加えられます。作家やアーティストを直接支援する意義もあり、創作活動を支えることが可能です。

NFTアートは投資対象としても注目されています。価値の上昇を見込んで購入する人が多いです。

コレクターにとっては、社会的ステータスの獲得という意味合いが大きいです。高価で希少な作品を集めれば、ほかのコレクターとの交流や評価が得られます。

ブロックチェーン技術による明確な所有権の記録は、転売を容易にし、リセール市場での活動を活発にするでしょう。NFTアートの知識や技術理解を深める楽しみだけでなく、所有者限定イベントにアクセスできる点も魅力です。

NFTアートの購入により、デジタル時代の新たなアートコレクションが形成できます。

NFTアートを買ってどうする?おすすめの活用法

NFTアートのおすすめの活用法は、以下の5つです。

  • コレクションとして楽しむ
  • 転売で収益を得る
  • ゲームや仮想空間で利用する
  • SNSのアイコンにする
  • 所有者限定コミュニティへ参加する

コレクションとして楽しむ

NFTアートの購入後には、コレクションとして楽しむのが一般的です。デジタル化されたアート作品は独自性や希少性が高く、所有すること自体に価値があるためです。

自宅やオフィスのデジタル画面でNFTアートを展示すれば、日々の生活の中で魅力を堪能できます。デジタルアートのコレクターとしてコミュニティに参加することで、同じ趣味を持つ人々との交流も広がるでしょう。

コレクションをオンラインで公開すると、他の愛好家を通じて新たなアート作品へのアクセス権を得られる可能性があります。NFTアートのコレクションは、アートとの新しい関わり方を楽しむ素晴らしい方法です。

転売で収益を得る

NFTアートの転売を通じて収益を得る方法もおすすめです。市場の動きをよく理解し、適切なタイミングで売買しましょう。価格が上昇しそうな時にNFTアートを購入し、需要が高まった際にオンラインマーケットプレイスで販売するのがポイントです。

売却する際には、手数料や税金を考慮に入れた価格設定をする必要があります。トレンドやコレクターの動向を常にチェックし、価値があがるであろうアートを見極めることが重要です。

投資としてのリスクを管理するためには、複数のNFTアートに分散投資し、ポートフォリオを組みましょう。NFTアートを取り巻く法律や、著作権に関する知識も欠かせません。戦略的に転売を行うのが、NFTアートから収益を得るポイントです。

ゲームや仮想空間で利用する

NFTアートは、ゲームや仮想空間で利用することも可能です。具体的な活用方法は、以下のとおりです。

  • ゲーム内アイテムとして使用する
  • 仮想世界での土地や建物として利用する
  • アバターやキャラクターのカスタマイズに活用する
  • ゲームや仮想空間におけるステータスシンボルとして所有する
  • 相互的なデジタル体験の一部として活用する
  • 仮想空間内のギャラリーや展示会で使用する

NFTアートは、エンターテイメントの世界で革新的な体験を提供し、利用者の満足度を向上させる効果があります。ゲームやメタバース内での社会的交流が豊かになり、ユーザー同士の深い関わりが実現するでしょう。

SNSのアイコンにする

SNSのアイコンにNFTアートを設定すると、他人とは違った個性をアピールできます。ユニークなプロフィール画像は注目を集めやすく、フォロワーとの関わりを深めることが可能です。

NFTアイコンはパーソナルブランディングとしての役割も果たします。社会的なステータスを示す際に有効です。NFTアートには話題性があるため、興味を持ってもらうきっかけになるでしょう。

所有者限定コミュニティへ参加する

所有者限定コミュニティへ参加するのもおすすめです。NFTアートを所有すると、特定のコミュニティに参加する権利が得られます。限定コミュニティには、NFTアート愛好家やクリエイターが集まるため、メンバー間での情報共有やネットワークが構築できます。

コミュニティ内ではメンバーが投票権や決定権を持ち、プロジェクトの方向性に関わることも可能です。限定イベントや特別なコンテンツへの招待が受けられる場合もあります。

NFTアートの購入方法

ここでは、NFTアートの購入手順と、購入前に知っておくべきポイントを解説します。

NFTアートの購入手順

NFTアートを購入する手順は、以下のとおりです。

  1. 暗号資産(仮想通貨)ウォレットの作成・設定
  2. 暗号資産(仮想通貨)をウォレットに入金
  3. NFTアートを販売しているプラットフォームの選定
  4. プラットフォームでユーザーアカウントを作成
  5. 購入したいNFTアート作品を選択
  6. 作品の詳細情報を確認(価格や歴史、所有者情報など)
  7. 購入方法を選択(即時購入、オファー、オークション参加など)
  8. トランザクションを確認し、購入プロセスを完了
  9. 購入後、作品がウォレットに転送されることを確認
  10. NFTアートの保管と管理

ステップを踏めば、誰でも簡単にNFTアートを購入できます。NFTアートを販売しているプラットフォームとして、以下の5つが挙げられます。

  • Opensea
  • Axie Marketplace
  • Rarible
  • SuperRare
  • イーサリアム

イーサリアムは、NFTアートの世界で最も広く利用されているプラットフォームです。

購入する前に知っておくべきポイント

NFTアートを購入する際には、以下の重要なポイントを知っておきましょう。

  • NFTアートの購入にはデジタルウォレットを用意する
  • イーサリアムなどの仮想通貨を購入しておく
  • NFTマーケットプレイスのアカウント作成をする
  • 購入する作品の真正性や作家の評判を確認しておく
  • ガス代(※)が発生することを理解する
  • 購入後の転売市場での価格変動リスクを考慮する
  • 保管するNFTのセキュリティ対策を考える
  • 購入プロセスでのスマートコントラクトの仕組みを理解する
  • NFTの希少性や独自性が評価できる能力を身につける
  • 長期保有するか短期で売却するかの戦略を決める

ポイントを押さえることで、NFTアートを購入する際の不安を減らし、良い取引経験が得られます。

※ ガス代とは、NFTを購入するときにかかる手数料のこと。NFTの購入以外にもNFTの売買や送金、NFTを作成するプロセスでもガス代が発生します。

NFTアートを売買する際の注意点

NFTアートを売買する際には、以下の2点に注意する必要があります。

  • 売買のリスクと対策
  • 価値の見極め方

売買のリスクと対策

NFTアートの購入にはリスクがあるため、対策を講じることが重要です。偽造やコピーの被害を防ぐには、信頼性の高いプラットフォームを選択してください。市場価格の変動が激しいため、価格の動向を常にチェックし、失敗のリスクを下げるのも大事なポイントです。

NFTアートは、売却時にすぐに買い手が見つかるとは限りません。流動性の低さを十分に理解しておく必要があります。デジタルウォレットのセキュリティ確保は、ハッキングを防ぐためにも不可欠です。著作権の確認を怠ると法的な問題を引き起こす可能性があるため、権利関係の確認も怠らないようにしましょう。

詐欺を避けるためには、NFT発行者の背景調査も必要です。技術的な問題やプラットフォームの障害も取引に影響を及ぼすことがあります。事前にリスクを理解しておきましょう。

NFTの購入には税金や手数料がかかるケースがあり、購入や売却時のコスト確認が必須です。長期保有を考える場合には、将来の価値が不透明なことも考慮に入れてください。スマートコントラクト(※)のバグや脆弱性も考えられるため、契約内容は慎重にチェックするべきです。

※ スマートコントラクトとは、あらかじめ設定されたルールが成り立つ際に、「自動的に実行する」機能のこと。第3者を介する必要がないのでコスト削減にもつながります。
» NFTアート売れない問題を解決

価値の見極め方

NFTアートの価値を見極めるポイントは、以下のとおりです。

  • アーティストの知名度や作品の独自性を評価する
  • コミュニティや市場での評判や人気を調べる
  • 過去の取引履歴や価格の変動を分析する
  • デジタルアートの技術的な質を理解し、評価する
  • 作品の物語性や背景にあるストーリーを考慮する
  • 長期的な価値を持つ可能性があるかを検証する
  • NFTプラットフォームの信頼性を確認する
  • 作品の著作権や所有権の明確さを確認する
  • 専門家の意見や分析を参考にする

上記の要素を踏まえたうえで、賢明な投資判断を行いましょう。

まとめ

NFTアートは、デジタル世界のコレクターアイテムとして注目を集めています。所有する楽しみや投資の可能性、自己表現の手段として今後も価値が見出されるでしょう。

アーティストの評判や作品の希少性を調査すれば、NFTアートの真の価値を見極められます。

NFTアートの世界は発展途上です。売買する際には価値の変動やセキュリティ問題に注意が必要です。正しい知識を持ち、慎重に行動するのも、NFTアートを楽しむポイントといえるでしょう。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。

\ 板取引で手数料が安く抑えられる /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次