MENU

夢のアーティストデビュー!NFTアートとは?作り方や購入・販売方法を解説

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

  • NFTアートはどう作るの?
  • 自分の絵をNFT化する方法はある?
  • 販売方法が知りたい

近年、暗号資産(仮想通貨)の盛り上がりとともに、NFTアートも数億円で売買される作品が登場しました。未知の可能性にあふれているNFTですが、NFTアートの作り方を知っている人は少ないのではないでしょうか。この記事では、NFTアートの基礎から作成、販売までの手順をわかりやすく解説します。

記事を読めばNFTアートを成功させるためのポイントや、新しいアートシーンに足を踏み入れる手順も理解できます。NFTアートの世界で、創作活動の新しい道を開きましょう。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。

\ 板取引で手数料が安く抑えられる /

目次

NFTアートの基礎知識

NFTアートはPCやタブレットなどのデジタルデバイスを利用して作成された、デジタルアートの1種です。NFTアートはNFTの技術に支えられ、作品にユニークな価値の付加が可能です。インターネットを通じたアクセスと取引の容易さにより、全世界の人々がNFTアートを利用できるようになりました。

活発なNFTアート市場では、作品の価値変動もあり、投資としての側面にも注目が集まっています。

NFTとは?

NFTとは、非代替性トークン(Non-Fungible Token)の略称です。ブロックチェーン上に記録された、デジタルアセットの所有権を証明するデータを指します。一つひとつがユニークな特性を持ち、まったく同じものに交換することはできません。

NFTはアート作品や音楽、ゲームのアイテムといった形で存在し、それぞれに独自の価値があります。ブロックチェーン技術、とくにイーサリアム(※1)のようなプラットフォームを用いて作成されるケースが多いです。スマートコントラクト(※2)によって所有権の移転や売買もできるようになりました。

所有するNFTは、デジタル作品を購入した証として所有可能です。作品の著作権はもとの創作者に保持されるため、安心して取引が行えます

※1 イーサリアムとは、ビットコインに次ぐ知名度を誇るプラットフォームです。イーサリアム上でNFTアートを販売すれば、所有権や作品が本物だという証明が可能になります。
※2 スマートコントラクトとは、ブロックチェーン技術を基盤とした自動実行契約の仕組みのこと。特定の条件が満たされたときに自動で契約が実行されます。

NFTアートの魅力

NFTアートは従来のアート作品と異なり、デジタルアートのオリジナリティと希少性をブロックチェーン技術で証明できます。世界中の市場にアクセスできるのも、NFTアートの大きな利点の1つです。NFTアートの以下3つの魅力について、解説します。

  • 唯一性があり価値を保証できる
  • 誰でも購入・販売できる
  • 価値があがる可能性がある

唯一性があり価値を保証できる

NFTアートはブロックチェーン技術を利用して作られたデジタルのアート作品です。ロックチェーン技術(※3)によって、作品の唯一性と所有権が保証されるのです。ブロックチェーン上では作品がトークン化(※4)され、もとの所有者の許可なしには複製できません。よって不正コピーの防止が可能です。

デジタル署名を用いれば作者を確認できるため、購入者は作品が本物であると確信できるでしょう。取引の履歴はブロックチェーンに公開され、所有者が誰であったかが明確になるため、透明性も確保されています。

再販売時に、作品からロイヤリティを受けとる権利が設定されています。作品が売れるたびに、作者に利益が還元される仕組みが整えられているのです。NFTアートはデジタルながら、物理的なアート作品と匹敵する価値が得られます。

※3 ブロックチェーン技術とは、取引データを「ブロック」と呼ばれる形式にまとめ、時系列で鎖(チェーン)がつながるように保存する技術のこと。取引記録の改ざんやシステムダウンを防ぎつつ、消すこともできる特性を持っています。
※4 トークン化とは、物理的な資産や仮想的な資産を売買可能なデジタル通貨に変換することを指す。不動産や美術品、仮想通貨などさまざまな資産をデジタル形式に表現できます。

誰でも購入・販売できる

NFTアートの購入や販売は、インターネットに接続できる環境があれば世界中のどこにいても行えます。特別な知識や技術がなくても、オンラインのマーケットプレイスを通じて、簡単にデジタルアセット(※5)を取引できるからです。

初心者でもデジタルウォレットを用意し、少量の暗号通貨を持っていれば、すぐにアート作品の購入を始められます。アーティストは作品をデジタルアセット(※5)として、直接オンラインで販売可能です。

ビットコイン(※6)やイーサリアム(※1)など、主要な暗号資産を使用して取引するのが一般的です。オンラインマーケットプレイスでは、買い手と売り手が手数料を支払うシステムで、安心して取引を進められます。

※5 デジタルアセットとは、資産として価値のあるデジタルデータのこと。電子通貨や仮想通貨、音楽のデータ、書籍、デジタルアートなどが含まれます。
※6 ビットコインとは、世界初のブロックチェーンを基盤としたデジタル通貨のこと。個人間での直接送金、手数料が安い、世界で両替せずに利用できるなどのメリットがあります。価格変動が激しく、即時決済が難しい点はデメリットです。
※1 イーサリアムとは、ビットコインに次ぐ知名度を誇るプラットフォームです。イーサリアム上でNFTアートを販売すれば、所有権や作品が本物だという証明が可能になります。

価値があがる可能性がある

NFTアートの購入は、将来的に価値があがる可能性があるので非常に魅力的です。価値があがるおもな理由は、NFTアートの発行数が限定されているためです。アートの希少性が高まり、価値の上昇が期待できるでしょう。

アーティストの評判や知名度があがれば作品の需要が増加し、価値が高まるケースもあります。デジタルアートへの関心の高まりも、NFTアートのマーケットプレイスでの取引量を増加させ、価値をさらに押しあげる要因です。

特定の作品が歴史的な出来事や話題性を持てば、価値が急激に上昇する場合もあります。NFTへの投資に関心が高まり市場の活性化が進めば、価値があがる可能性がより高まります。技術の進化や有名人を起用したPRも注目を集め、価値が上昇する要因となり得るでしょう。コレクター間のトレンド変化や、NFTアートを長期投資ととらえる動きも価値を高める要因です。

以上の要素を考えあわせると、NFTアートは将来的な価値の上昇が期待される投資対象といえるでしょう。
» NFTアートを買ってどうする?

NFTアートの作成・販売手順

NFTは、デジタルアートの所有権を証明する技術であり、アーティストにとって新しい収益源となる可能性があります。NFTアートの販売では、NFTの作成と販売手順を学ぶのが重要です。NFTアートの作成と販売は、次のステップに従って誰でも始められます。

  1. 必要な環境を準備する
  2. デジタル作品を制作する
  3. NFTマーケットプレイスを選ぶ
  4. NFTとして作品を出品する
  5. 販売後のフォローアップをする

上記のステップをふめば、アーティストは作品をNFTアートとして世界に向けて発信し販売できるでしょう。

必要な環境を準備する

NFTアートの作成や販売を始める前に、スムーズに活動を進めるための環境を整えるのが重要です。準備には、暗号通貨を保管するデジタルウォレットの作成や、暗号資産の購入が含まれます。

  • デジタルウォレットを作成し、暗号資産を保管できるようにする
  • 暗号資産を購入してデジタルウォレットに入金する
  • NFTマーケットプレイスのアカウントを作成する
  • デジタルアート制作のためのソフトウェアやツールを準備する
  • NFTに関する基本知識を学ぶ、または情報収集をする

NFTマーケットプレイスでアカウントを作れば、作品を出品する準備が整います。デジタルアートを制作するためのソフトウェアやツールの選定も欠かせません。必要な環境を準備すれば、クリエイティブな作業に集中できるでしょう。

NFTに関する基礎知識を学べば市場の動向を理解し、より有利にアート作品を展開できるようになります。各ステップにおいての適切な準備は、NFTアートを成功させるための大切な第1歩です。

デジタル作品を制作する

デジタル作品を制作するには、クリエイティブなアイディアやコンセプトを考えるのが大切です。想像力あふれるアイディアを具現化するためには、フォーマットを決めましょう。デジタルイラストや3Dモデル、音楽、ビデオなどさまざまな形式から選べます。

その後、それぞれのフォーマットに適した専門のソフトウェアを使用して制作を進めます。PhotoshopやIllustrator、Blenderなどがよく使われるソフトウェアです。

作品の制作過程で、オリジナリティとクオリティの高さを確保するのが、デジタル作品の価値を高めるためには非常に重要です。NFTマーケットプレイスが要求する、形式やサイズなどの技術仕様にあわせて仕上げる必要があります。

NFTマーケットプレイスを選ぶ

NFTマーケットプレイスを選ぶときは、いくつかの重要なポイントがあります。

  • ユーザーインターフェースが使いやすいか確認する
  • 手数料の低さを比較検討する
  • 取引可能な通貨の種類が多いかチェックする
  • マーケットプレイスの信頼性と評判を調査する
  • 販売されているNFTの種類とマーケットのサイズを考慮する
  • サポートされているウォレットの種類を確認する
  • コミュニティの活動度やネットワークをチェックする

注目すべきは、使いやすいユーザーインターフェースの選択です。インターフェースが使いやすいかどうかは、スムーズな取引に直結します。手数料の低さも、利益を最大化するために重要でしょう。

取引可能な通貨の種類が多様であるかどうかもチェックすべき点です。さまざまな通貨に対応していると、より広い範囲のユーザーと取引が可能になります。マーケットプレイスの信頼性と評判も調査し、安心して取引できる環境を選ぶことが大切です。

販売されているNFTの種類とマーケットのサイズが、作品が注目されるかを判断する指標になります。利用できるウォレットの種類をチェックするのも、忘れてはいけません。コミュニティの活動度やネットワークの質は、活発な取引に不可欠です。

著作権や版権の扱いについては、将来的なトラブルを回避するためにも理解しておきましょう。マーケットプレイスが提供する追加機能やツールを確認し、作品の魅力を引き出せるかを考慮するのも有益です。最終的には、将来的なアップデートや開発計画を調査し、長期利用が見込めるプラットフォームを選択するのが望ましいでしょう。

上記のポイントをおさえてマーケットプレイスを選べば、NFTの販売に成功する強力な基盤を築けます。

NFTとして作品を出品する

NFTとして作品を出品するためには、いくつかの手順が必要です。まずはデジタルウォレットを設定して、暗号資産を準備してください。

  1. デジタルウォレットを設定して、暗号資産を保有する
  2. NFTマーケットプレイスにアカウントを作成し登録する
  3. 作品のタイトルや説明、価格設定を決定する
  4. 作品ファイルをアップロードし、NFTとして発行する
  5. 適切なロイヤリティ設定を行い、将来的な売上に備える
  6. 出品前に作品のプレビューやディテールを確認する

以上の手順をふめば、NFTとしての作品出品が完了します。出品後も作品のプロモーションを続け、販売チャンスを最大限に活かしましょう。

販売後のフォローアップをする

販売後のフォローアップは、購入者との良好な関係を維持し、将来の作品販売へとつなげる大切なステップです。信頼関係は、購入者に感謝の意を示し、作品を楽しむためのアドバイスの提供で基盤が作られます。限定オファーや新作情報を事前に伝えれば、購入者の継続的な興味を引きつけられるでしょう。

SNSやメーリングリストを活用して購入者と定期的にコミュニケーションを取り、関係性をより深めるのも重要です。購入者からフィードバックをもらえれば、作品やサービスの改善点を把握し、今後の作品づくりに活かせるでしょう。購入者専用イベントの提供をすれば、長期的なファンの獲得につながります。

セカンダリーマーケット(※7)での再販売時のサポートを行えば、購入者の作品に対する価値の実感を高められるでしょう。将来の作品や展示会への優先アクセスを提供した、独自性のアピールも有効です。

以上の取り組みはNFTアート販売後も続く信頼関係と、継続的なビジネスチャンスを作り出すため、重要な役割を担います。

※7 セカンダリーマーケットとは、すでに発行されている株式や債権などの有価証券を取引する市場のこと。NFTの場合、プライマリーマーケットですでに発行されたNFTが再販される場所となるのが、セカンダリーマーケットです。
» NFTアート売れない問題を解決

NFTアート販売の成功のカギ

NFTアートを成功させるには、品質の高い独創的な作品の制作が基本です。NFTアート販売の成功のための、3つのポイントを解説します。

  • ターゲットを理解する
  • 有効なプロモーション方法を選ぶ
  • コミュニティを作って関係性を築く

ターゲットを理解し、効果的なマーケティング戦略やSNSの活用を行えば、作品の魅力を広められるでしょう。

ターゲットを理解する

NFTアート販売における成功のカギは、ターゲットの理解にあります。魅力的なアート作品を作成しても、求めるユーザーがいなければ販売は成功しません。潜在的なコレクターや投資家を特定し、デジタルアートや暗号資産に精通したユーザーの関心を理解するのが重要です。

アート愛好家やデザイナーの嗜好を把握し、NFTの購入経験があるかの判別も、コミュニケーション戦略を練るうえで役立ちます。

把握すべきターゲットの特徴

  • ターゲットの利用するプラットフォームやツールの特定
  • 年齢層や地理的位置、所得レベルなどの人口統計学的特徴の把握
  • 価値観を共有するコミュニティへの関与の仕方

上記特徴の把握をすれば、効果的なプロモーションを行えます。価格やアーティストの評判、独自のストーリーなど、ターゲットにとって重要な購買決定要因を特定しましょう。求める価値を提供すれば、NFTアート販売を成功へと導けます。

有効なプロモーション方法を選ぶ

NFTアート販売で成功を収めるためには、有効なプロモーション戦略を選択するのも重要です。プロモーションは作品の知名度を高め、潜在的な購入者にリーチするために欠かせません。具体的なプロモーション方法は、以下のとおりです。

  • ソーシャルメディアでの積極的な活用
  • インフルエンサーやコラボレーションを通じた露出
  • 電子メールマーケティングキャンペーンの実施
  • SEOを施したコンテンツ作成
  • オンライン広告(Google Adsやソーシャルメディア広告)の活用
  • プレスリリースやメディア掲載を狙う
  • ネットワークイベントやオンラインワークショップの開催
  • コンテストや無料プレゼントを通じたユーザー参加の促進
  • ファンとの直接的な対話を行うライブストリーミング
  • アフィリエイトマーケティングプログラムへの参加

ターゲットを理解したうえで、適切にプロモーション方法を選べば、販売機会を大きく広げられるでしょう。

コミュニティを作って関係性を築く

コミュニティづくりや関係性の構築も、成功のために欠かせないポイントです。コミュニティは作品への関心を集め、信頼と忠誠心を築くための基盤となります。

  • ソーシャルメディアを活用してファンベースを構築する
  • 関連するオンラインフォーラムやグループに参加する
  • 定期的にコンテンツを共有してコミュニティへの関与を高める
  • コミュニティメンバーとの対話を通じてフィードバックを受け入れる

イベントやコンテストを開催し、限定版のNFTや特典を提供するのも有効です。コミュニティの活動を促進し、ファンを固定化するのにつながります。コミュニティ内に連絡を取り、メンバーの意見を尊重すれば、作品やプロジェクトの魅力が増すでしょう。

取り組みを通じてコミュニティとともに成長し、長期的な関係構築が可能です。

まとめ

NFTアートは、デジタル技術と創造性が結びついた新しいアート形態です。ブロックチェーンを活用した、価値ある唯一無二の作品を生み出す手段を提供します。所有権の証明と唯一性が保証されるため、アーティストやコレクターにとっては魅力的な投資対象です。

  • NFTアートはブロックチェーンを利用して作成・取引されるデジタルアートのこと
  • NFTは唯一性と所有権の証明を保証する技術である
  • N購入・販売が容易であり、価値があがる可能性を秘めている
  • NFTアート販売のためには、ウォレット準備・作品の制作・適切なマーケットプレイス選定が必要である
  • 販売成功にはターゲット理解や効果的なプロモーション、コミュニティ形成が重要である

誰でもインターネットを通じて、簡単に作品の購入や販売ができる点も、NFTアートの大きな特徴です。価値があがる可能性もあります。正しい知識と準備を持って取り組めば、アートを通じて新たな収益源を見つけられるでしょう。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。

\ 板取引で手数料が安く抑えられる /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次