MENU

イーサリアム(ETH)って何?NFTとの関係は?特徴と将来性について解説

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

暗号資産は単なる投資手段ではなく、それぞれの通貨ごとに様々な特徴があります。

この記事ではイーサリアムの特徴と、NFTとの関係、実際に何に使われているのか、将来性はどうかということについて解説していきます。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引ができるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

目次

イーサリアムとは?

イーサリアム(ETH)とは何でしょうか。

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位の代表的な暗号資産です。

イーサリアムにはスマートコントラクト機能が搭載されています。

スマートコントラクト機能とは「自動契約機能」と呼ばれており、1つの動作が行われると自動的にもう1つの動作が行われることです。

このスマートコントラクト機能はNFTや保険業界、不動産業界などで活用されています。

イーサリアムとNFTとの関係

スマートコントラクト機能はNFTでも活用されています。

NFTでは、例えばNFTアートを制作した「制作者」がNFTアートを販売したとします。

次にNFTアートの「購入者」がNFTアートを第三者に転売したとすると、「購入者」に販売益が入るのと同時に、「制作者」にも何割かの販売益が入る仕組になっています。

NFTで活用されているスマートコントラクト機能

NFTの「制作者」が作品を販売する→「購入者」が転売する→「購入者」に販売益が入るだけではなく、「制作者」にも販売益が入る。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引ができるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

イーサリアムは何に使われているのか

イーサリアムは投資手段としても有効ですが、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)と比較すると、必ずしも積極的に投資した方がいいとは言いづらいかもしれません。

原則として暗号資産は長期保有をした方がいいと考えていますが、やはり「短期的に利益を出したい」、「億り人になりたい」と思う人も多いのではないかと思います。

現在大きく利益をあげる可能性がある通貨は、ETF承認と半減期を控えているビットコインと、いつ上がるか、いつ下がるか予想も付かないリップルの2つだと思います。

イーサリアムも可能性のある通貨の1つなのは間違いないですが、ビットコインとリップルと比較すると、短期間の値上がりの期待感でいうと劣っている言わざるを得ません。

しかしイーサリアムは他の通貨とは異なる特徴があります。

それはNFTと関連しているということです。

NFTはイーサリアムの機能を搭載しているので、NFTの購入にはイーサリアムが使用されることが多いです。

NFTは現在その人気が再燃しているので、投資の対象として有効です。

イーサリアムを投資の対象とするよりも、NFTを投資の対象とした方が、今後の展開として面白いでしょう。

NFTの価値が高まれば、イーサリアムの価値も高まっていくはずです。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引ができるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

NFTとは

NFTとはノンファンジブルトークンの略で代替不可能なトークンという意味です。

トークンとは別の暗号資産のブロックチェーン上で動作する暗号資産のことで、NFTは主にイーサリアムのブロックチェーン上で動作する暗号資産です。

代替不可能とは代わりのきかないオリジナルという意味です。

結局NFTって何?

デジタルデータをNFT化することによって、個別のデータが付与されます。

このことでNFT化したデジタルデータは「唯一無二」のものとなり、その価値が明確になります。

通常デジタルデータはいくらでも複製可能なため、価値がある物としては扱われづらいですが、NFTが誕生したことで

いわばNFTはデジタルデータの革命と言えるでしょう。

イーサリアムは今後どうなるのか

イーサリアムは現在NFTに活用されていることで、これから価値が高まってくると思います。

長期的に考えるとイーサリアムを投資対象とすることも有効でしょう。

NFTはクリプトパンクスやCNPなど人気の作品が盛んに売買されています。

NFTはコレクションするのも面白いですが、購入したNFTが高騰することもあるため、投資の対象として有効です。

NFTはこれから栄えていくと予想していますので、今後イーサリアムの価値も高まっていくでしょう。

まとめ

イーサリアムの特徴として「自動契約機能」と呼ばれるスマートコントラクトが搭載されています。

 スマートコントラクトは一つの動作(契約)が完了すると、自動でもう一つの動作が行われることです。

NFTとの関係

→NFTにはスマートコントラクトが活用されています。NFTの購入には主にイーサリアムが使われています。

・実際に何に使われているのか 

→現在はNFT、保険業界、不動産業界などで活用されています。これらの業界ではスマートコントラクトが活用されています。

・将来性はどうか 

長期的な観点からイーサリアムの価値は高まっていくと思います。さらにNFTとの関連から今後益々価値が高まっていくはずです。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。イーサリアムを購入するには板取引ができるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次