MENU

【暗号資産の3つの注文方法】指値注文・成行注文・逆指値注文について解説

  • 暗号資産の指値注文・成行注文・逆指値注文とは何?
  • 3つの注文方法のメリットとデメリットを教えて欲しい。

暗号資産取引所には販売所と取引所の2つがありますが、そのうち取引所で行われる注文方法は3つあります。それが、指値注文・成行注文・逆指値注文です。それぞれの特徴を理解することでベストな取引を行うことができます

この記事では、暗号資産の指値注文・成行注文・逆指値注文とは何かということと、それぞれのメリット・デメリットを解説します。この知識を身につければ、損をしづらいベストな取引を行うことが可能です。最後まで読めば、特徴を理解したうえでご自身に有利な投資を始められます。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料

目次

暗号資産の指値注文とは何か?

暗号資産の取引における指値注文は、投資家が事前に設定した価格で購入または売却する注文です。具体的な価格を指定することで、その価格に達したときのみ取引が実行されます。この注文方法は価格の変動が大きい市場でも、投資家が希望する価格で取引ができるようにするものです。

指値注文の利点と注意点

指値注文は、特定の価格で取引が行えるため、市場価格が急変した際にも予め決めた条件での取引が可能です。これにより、意図しない高値での購入や安値での売却を防ぐことができ、リスク管理に役立ちます。しかしながら、市場価格が指定価格に到達しない場合は注文が執行されず、取引機会を逃す可能性もあります。また、市場の流動性が低い時には、注文量が大きいと価格が希望の価格からずれる可能性もありますので注意が必要です。

暗号資産の成行注文とは何か?

成行注文は、現在の市場価格でできるだけ早く暗号資産を購入または販売したいときに使用する注文方法です。価格を指定せずに注文を出すため、注文が迅速に実行されるのが特徴です。

成行注文のメカニズムと利用シーン

成行注文は、市場で即座に注文を執行したい場合に適しています。注文を入れると、その時点での最適な市場価格で取引が成立します。これにより、急激な価格変動がある場合でも、注文がすぐに実行されるため、望むタイミングで取引を行うことが可能です。しかし、市場の価格が不安定な時には、予想外の価格で取引が成立するリスクも伴います。そのため、成行注文は価格変動に敏感でない、または緊急にポジションを閉じたい場合に適した注文方法と言えます。

暗号資産の逆指値注文とは何か?

逆指値注文は、市場価格が特定の条件を満たした場合にのみ注文が実行される、特殊な注文タイプです。この注文は、市場の逆転動向に備えてリスクを管理するために利用されます

逆指値注文の活用方法とその効果

逆指値注文は、価格が下がり始めた場合や特定のレジスタンスレベルを突破したときに自動的に注文が実行されるように設定することができます。これにより、大きな損失を回避したり、利益を確定させたりすることが可能です。投資家はこの注文を設定することで、市場が不利な方向に動いた時に自動的に対応できるため、活発な監視が難しい時でも資産を守ることができます。ただし、市場の急激な変動により予期せぬ価格で注文が執行されることもあるため、使用には注意が必要です。

暗号資産の3つの注文方法(指値注文・成行注文・逆指値注文)のメリット

暗号資産の取引にはさまざまな注文方法が存在しますが、指値注文、成行注文、逆指値注文の3つは最も一般的で重要です。各注文方法には独自のメリットがあり、それを理解することで、より効果的に資産管理を行うことが可能になります。次に、これらの注文方法の具体的なメリットを詳しく解説します。

指値注文のメリット

指値注文は、事前に定めた特定の価格で暗号通貨の売買が行われる注文方法です。この方法の最大のメリットは、市場価格の変動に左右されず、意図した価格で取引が可能であることです。特に価格変動が激しい市場において、希望価格で確実に取引を行いたい投資家にとって有利です。さらに、計画的に取引を行いたい場合や、価格分析に基づいた戦略を立てやすい点も大きな利点です。ただし、市場価格が指値を通り越えてしまうと、取引が成立しないリスクもありますが、不確実性を抑えつつ確実性を高める方法であると言えるでしょう。

成行注文のメリット

成行注文は、現在の市場価格で直ちに取引を行う方法です。この注文の最大の利点は、スピード感です。市場の価格が急速に変動しているときでも、注文が即座に実行されるため、機会を逃すことがないという利点があります。また、価格を設定する手間が不要で、注文手続きがシンプルであるため、初心者でも扱いやすい方法です。ただし、市場の流動性に依存するため、低流動性の状況では想定外の価格での取引となる可能性もあります。

逆指値注文のメリット

逆指値注文は、特定のトリガー価格に達した際に、指値注文または成行注文が自動的に実行される注文方法です。この注文のメリットは、大きな価格の変動から資産を保護することにあります。例えば価格が急落している状況で損失を限定したい場合や、逆に急騰している際に利益を確定させたい場合に有効です。投資戦略に応じて利用できる柔軟性が高く、価格変動リスクへの対策として重宝されます。ただし、トリガー価格の設定には慎重な分析が必要であり、市場の急変には対応しきれない場合もあるので注意が必要です。

暗号資産の3つの注文方法(指値注文・成行注文・逆指値注文)のデメリット

3つの注文方法にはそれぞれデメリットも存在します。投資をする際はそのリスクもしっかりと理解することが重要です。大きく分けて、以下の3つのデメリットについて解説します。

  • 市場の価格が指値に到達しない場合、注文が実行されない可能性がある(指値注文)
  • 急激な価格変動があった場合、予期せぬ高値または低値で取引が成立するリスクがある(成行注文)
  • 急激な価格変動によって短時間に指定した逆指値が発動し、計画的な売買が難しくなる(逆指値注文)

指値注文のデメリット

指値注文とは、投資家が事前に設定した価格で暗号資産を売買する注文方法です。この方法の主なデメリットは、市場の価格が指値に到達しない場合、注文が実行されない可能性がある点です。特に価格変動が激しい暗号通貨市場では、設定した価格が市場価格に達しないことで取引機会を逃すことがあります。また、価格が急激に変動した場合、設定した指値が適切でなくなり、予想外の損失を招くリスクもあります。指値注文は計画的に利用する必要があり、市場の動向を常に把握しておく必要があります。

成行注文のデメリット

成行注文は、現在の市場価格で直ちに売買を行う注文方法です。この注文のデメリットは、市場の流動性が低い時に注文量に応じた価格で取引が行われないことがあります。これを「スリッページ」と言い、注文が大きい場合や市場が不安定な状態では特に顕著に現れる可能性があります。また、急激な価格変動があった場合、予期せぬ高値または低値で取引が成立するリスクがあります。成行注文では予想以上の価格での取引を強いられることになるかもしれません。

逆指値注文のデメリット

逆指値注文は、ある特定の価格に到達したときに自動的に注文を発動する方法です。この注文のデメリットは、急激な価格変動によって短時間に指定した逆指値が発動し、計画的な売買が難しくなることです。また、市場が非常に不安定な場合、逆指値を設定することによって大きな損失を招く可能性があります。逆指値注文は保険のような役割を持ちますが、市場の予測が難しい暗号資産では、思わぬタイミングで注文が実行されるリスクがあります。

まとめ

暗号資産の代表的な3つの注文方法を理解すれば、その時々でベストな取引が可能になります。指値注文・成行注文に関しては基本中の基本なので必ずマスターしましょう。逆指値注文は特殊な注文方法ですが、取引に慣れてきたら有効に活用していきましょう。

  • 指値注文は、価格を指定できるというメリットと約定しない可能性もあるというデメリットがある
  • 成行注文は、すぐに約定できるというメリットと思いがけない価格で約定してしまうというデメリットがある
  • 逆指値注文は、急激な価格変動に対応できるというメリットと上下が激しい局面で計画通りにいかない可能性があるというデメリットがある

暗号資産の注文方法は、それぞれメリットとデメリットが存在します。どちらもしっかりと理解すれば、暗号資産の投資のスキルも上がり、成果を出すことにつながってくるでしょう。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次