MENU

暗号資産(ビットコイン)の積立投資とは?メリット・デメリットを徹底解説

  • 暗号資産の積立投資はどうやってやるの?
  • 積立投資のメリットとデメリットを教えて欲しい。

暗号資産には様々な投資方法がありますが、初心者にオススメしたい投資方法の一つが積立投資です。積立投資なら一定の日に一定の金額で一定の通貨に投資することで、少ないリスクで簡単に投資を行うことができます。

この記事では、暗号資産の積立投資の方法と、メリット・デメリットを解説します。正しい知識を身につければ、投資を成功させることも可能です。最後まで読めば、リスクを理解したうえでスムーズに積立投資を始められます。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料

目次

暗号資産(ビットコイン)の積立投資とは

近年、急速に注目されている暗号資産市場において、特にビットコインの積立投資が人気を集めています。この投資方法は、定期的に一定額のビットコインを購入することで、長期的な資産形成を目指す手法です。価格の変動リスクを分散させることができるため、初心者にも推奨される方法の一つとなっています。

積立投資とは毎月決まった日に、決まった金額を、決まった通貨に投資することです。この投資方法は「ドルコスト平均法」と言い、投資初心者に最もオススメできるやり方です。

暗号資産(ビットコイン)の積立投資を利用するメリット

暗号資産の一つであるビットコインに対する積立投資は、長期的な資産形成において多くの利点を持っています。ビットコインの価格変動が激しい市場環境に対して、積立投資を行うことでリスクを分散し、投資効果を最大化することが可能です。それではなぜビットコインの積立投資が賢明な選択肢とされるのか、その理由を解説します。

ドルコスト平均効果によるリスクの低減

ビットコインなどの暗号資産は価格の変動幅が大きいため、一度に大量に購入することは高リスクとされます。積立投資は、定期的に一定額を投資する方法で、価格が高いときは少ない量を、価格が低いときは多くの量を購入することができます。これによって購入価格の平均化を図り、長期的には価格変動のリスクを軽減することができます。

この投資戦略は「ドルコスト平均法」とも呼ばれ、市場のタイミングを予測する必要がなく、安定した投資が可能となります。特にビットコインのように予測が困難な市場で有効な戦略です。さらに、定期的に市場に参加することで、投資に対する心理的な負担も軽減され、冷静な資産管理を行うことができるようになります。

暗号資産(ビットコイン)の積立投資を利用するデメリット

積立投資にはデメリットも存在します。投資をする際はそのリスクもしっかりと理解することが重要です。大きく以下の3つのデメリットについて解説します。

  • 高い価格変動性とそのリスク
  • 投資の専門知識が必要であること
  • 長期的な市場の不確実性

高い価格変動性とそのリスク

ビットコインなどの暗号資産は非常に高い価格の変動性を持っています。この変動性が投資の大きなリスクとなることがあります。例えば、短期間に価格が大きく上下することがあり、積立投資においてもこの価格変動による影響を受ける可能性があります。投資したタイミングによっては、大きな損失を被ることも考えられます。

また、市場の不安定性が高い時期には、想定外の下落により、投資額が大きく減少することもあります。このような極端な市場の波に耐えながら投資を続けることは、精神的にも負担が大きくなりがちです。

投資の専門知識が必要であること

ビットコインをはじめとする暗号資産は、その性質上、従来の株式や債券などとは異なる知識が求められます。ブロックチェーン技術の理解はもちろん、市場の動向を正確に把握することが非常に重要です。また、税制や法律面での規制も常に更新されており、これらの変更に対応するための知識も必要です。積立投資を行う際には、これら暗号資産特有のリスクを理解し、適切な投資戦略を立てることが求められるため、投資初心者にはハードルが高い可能性があります。

長期的な市場の不確実性

暗号資産市場はまだ成熟しているとは言い難く、将来的にどのように発展していくかは非常に不確かです。政府による規制の強化、競合他通貨の登場、技術的な問題の発生など、未来の市場を左右する要因は多岐にわたります。このため、積立投資として長期的な資産形成を目指す場合においても、将来的なリターンが保証されるわけではありません。

投資を続ける期間中に市場が大きく変動することで、投資の目的を達成できない可能性もあります。

積立投資を利用するのにオススメの暗号資産取引所

ここでは積立投資を利用するのにオススメの暗号資産取引所を3つ紹介します。

  • コインチェック
  • ビットバンク
  • GMOコイン

上記の3つの暗号資産取引所ならどれでもオススメできますので、ご自身に合った取引所を利用しましょう。

コインチェック

コインチェックのCoincheckつみたてなら低額から始められ、初心者でも安心して積み立てを続けていくことが可能です。

名称コインチェック
サービス名Coincheckつみたて
銘柄26種類
最低積立金額月1万円または1日約300円
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/

ビットフライヤー

ビットフライヤーのつみたてなら1円から始められ、初心者でも安心して積み立てを続けていくことが可能です。

名称bitFlyer
サービス名bitFlyer かんたん積立
銘柄ビットコイン
最低積立金額毎日1回、毎週1回、毎月2回、毎月1回から選択 1回1円から積立可能(最大100万円)
公式サイトhttps://bitflyer.com/ja-jp

GMOコイン

GMOコインのつみたても低額から始められ、初心者でも安心して積み立てを続けていくことが可能です。

名称GMOコイン
サービス名つみたて暗号資産
銘柄ビットコイン
最低積立金額月500円
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/

まとめ

積立投資は、初心者でも簡単に取り組める安心な投資方法です。投資のリスクを最小限に抑えることができ、投資にかかる手間も少なくなるのが特徴です。

  • 積立投資は投資のリスクを最小限に抑えることができる
  • 積立投資は投資にかかる手間を少なくすることができる
  • 積立投資は投資のためにあれこれ考える必要がなくなるため、精神的な負担が少なくなる
  • 価格変動のリスク、これからの規制の強化などの市場変動に対応する必要がある

暗号資産の積立投資には、市場の変化に特に注意が必要です。注意点をふまえ変化が起こったときに適切に対応することが重要です。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次