MENU

仮想通貨のレバレッジ取引とは?メリット・デメリットと始め方を徹底解説!

多くの人が仮想通貨投資に興味を持っていますが、「レバレッジ取引」についてはまだ十分に理解されていません。この記事では、レバレッジ取引の仕組みとメリット・デメリット、始め方をわかりやすく解説します。

レバレッジ取引は少ない資金で大きな利益を狙えますが、リスクも伴うことに注意が必要です。記事を読めば、仮想通貨のレバレッジ取引について基本的な知識が身につき、賢い投資判断ができるようになります

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料

目次

仮想通貨のレバレッジ取引とは

仮想通貨のレバレッジ取引とは、証拠金を担保にして、数倍もの金額の仮想通貨を売買できる取引方法です。自分の持っている資金が少額でも、大きな規模の金額で仮想通貨を売買できます。小さな市場の価格変動でも大きな影響を受けるため、大きな利益のチャンスがあります。

レバレッジ取引では、価格の上昇だけでなく下落時にも利益を出せる点が特徴です。取引額が大きくなる分、リスクも大きくなる点に注意しましょう。相場の変動による損失を限定するため、ストップロス注文や利益確定の注文を設定することが重要です。

レバレッジ取引は、相場の変動によるリスク管理が不可欠だと覚えておきましょう。適切な取引戦略とリスク管理で、損失を最小限に抑えつつ大きな利益を狙えます。

仮想通貨のレバレッジ取引のメリット

仮想通貨のレバレッジ取引のメリットは、以下の3つです。

  • 少額の資金で大きな利益を狙える
  • 価格が下がっているときでも利益を狙える
  • 24時間365日いつでも取引ができる

少額の資金で大きな利益を狙える

レバレッジ取引は、少額の資金で大きな利益を狙う方法として注目されています。用意する資金に比べて大きなポジションを取れるため、自己資金が少ない状態での参入が可能です。

小さな値動きを活用して、大きな利益を出すチャンスがあり、限られた資本でも多様な市場での投資機会を得られます。資金効率も良好で、限られた資本でも一度に複数の取引ができる点がメリットです。

レバレッジ取引は、投資初心者や少額から投資を始めたい方にとって魅力的な投資手法です。

価格が下がっているときでも利益を狙える

レバレッジ取引では、価格が下がっているときでも利益を狙うことが可能です。「空売り手法」では、価格の下落を予想してポジションを取り、下落後にポジションを決済した際の差額分が利益となります。

下降トレンドが発生している市場でも、空売り手法を活用すれば利益獲得のチャンスがあります。マーケットの方向性に関係なく収益を上げられる可能性があるのが、レバレッジ取引の利点です。

24時間365日いつでも取引ができる

仮想通貨のレバレッジ取引は、24時間365日取引が可能である点も注目される要因のひとつです。株式市場や外国為替市場とは異なり、仮想通貨市場は週末や祝日も稼働しています。投資家は生活リズムや時間帯に影響されず、いつでも取引が可能です。

仮想通貨市場はグローバルな取引市場であるため、インターネット接続さえあれば世界中のどこからでも、取引できます。投資家にとっては、ニュースや市場の動向に応じてリアルタイムかつ柔軟に取引できる点が大きなメリットです。

仮想通貨市場では時間帯にかかわらず取引量が変動するため、日中だけでなく夜間も取引機会が豊富です。忙しい日中を避けて、自分の都合の良い時間帯に取引できる利点もあります。

仮想通貨のレバレッジ取引のデメリット

仮想通貨のレバレッジ取引は、自己資金以上の取引ができますが、リスクも伴います。経験や知識が不足していると、リスク管理は一層難しくなるため、慎重な判断が必要です。

レバレッジ取引によるリスクは以下のとおりです。

  • 現物取引よりも大きな損失を抱えるリスクがある
  • レバレッジ特有の手数料がかかる
  • 長期保有に向いていない

現物取引よりも大きな損失を抱えるリスクがある

仮想通貨のレバレッジ取引には、大きな利益を得るチャンスがある一方で、大きな損失を抱えるリスクもあります。投資額以上の資金を取引できるため、市場のわずかな価格変動が大きな損益につながります。市場が予想と反対の方向に動くと、投資額を超える損失を被る可能性があることを理解しましょう。

レバレッジ取引では、投資家が証拠金を上回る損失を出した場合、追加の資金投入が必要です。市場の変動が激しい場合には、投資者の意思とは関係なく強制的にポジションが決済(ロスカット)されることもあります。レバレッジ取引における追加資金や予期せぬロスカットは、大きな損失に直結するため注意が必要です。

レバレッジ取引をする際には、リスクを十分に理解し、注意深く資金管理をしましょう。大きな利益の機会がある一方で、失うものも大きい取引であると念頭に置き、慎重な取引を心がけることが重要です。

レバレッジ特有の手数料がかかる

レバレッジ取引をする際は、通常の取引とは異なる特有の手数料の発生に注意が必要です。レバレッジ取引の手数料は、現物取引に比べて高く設定されることが多く、日をまたいで注文を持ち越す場合に発生します。

想定外の損失を避けるためにも、トレード計画には手数料も含めましょう。市場が急変した際のポジションの強制決済(ロスカット)にも手数料が発生する場合もあるため、注意が必要です。

利益を最大化するためには、手数料を計算に含めた上で慎重な取引を心がけましょう。

長期保有に向いていない

仮想通貨のレバレッジ取引は、短期的な利益を得る戦略であり、長期保有には向いていません。長期保有に向いてない理由としては、以下のことが挙げられます。

  • 市場の変動が大きいと、維持保証金の追加が頻繁に必要になる
  • 高レバレッジを使用すると、ポジションがロスカット(強制的に決済)されるリスクがある
  • 長期間の資金拘束で、スワップポイントやロールオーバー手数料が積み重なる
  • 長期的な市場のトレンドやファンダメンタルズ分析を反映しにくい
  • 時間が経つにつれ、価格変動による資金の減少リスクが高まる

レバレッジ取引では、資金管理やリスク対応を慎重に行い、短期間での利益追求に注力すべきです。

仮想通貨のレバレッジ取引の始め方

仮想通貨のレバレッジ取引を始めるには、以下の5つのステップが必要です。

  1. 取引所の口座を開設する
  2. 投資資金を入金する
  3. 銘柄を選択する
  4. 価格・数量を設定する
  5. 発注する

取引所の口座を開設する

仮想通貨のレバレッジ取引を始めるためには、取引所で口座を開設する必要があります。取引所を選ぶ際には、信頼性や手数料、取り扱っている通貨の種類を慎重に考慮しましょう。

取引所の口座は、具体的に以下の手順で開設します。

  1. 選んだ取引所のウェブサイトにアクセスする
  2. 必要な個人情報(氏名、住所、メールアドレスなど)を入力する
  3. 身分証明書をアップロードして本人確認を行う
  4. 設定されたセキュリティ対策(二段階認証など)を完了する
  5. 口座開設申請後、承認を待つ

口座開設の承認が得られると、口座が利用できるようになります。

» 仮想通貨の口座開設をする方法

投資資金を入金する

口座を開設したら、投資するための資金を入金しましょう。投資資金を入金する手順は以下のとおりです。

  1. 取引所のウェブサイトまたはアプリにログインする
  2. 「入金」や「資金追加」のオプションを選択する
  3. 利用可能な支払い方法(銀行振込、クレジットカード、デビットカード、電子ウォレットなど)から選択する
  4. 入金額を指定し、必要な取引情報を入力する
  5. 入金手続きを確認し、処理を完了する

上記の手順で資金の入金が完了すれば、投資の準備が整います。

銘柄を選択する

資金が入金できたら、投資する銘柄を選択してください。銘柄を選択する際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

市場での活動性が高い銘柄を選ぶ
取引の機会を増やすのに有効で、多くの投資家が注目するため情報量が豊富
自身のリスク許容度に合った銘柄を選ぶ
リスク許容度が低い場合は、変動が少なく安定した銘柄を選び、リスク許容度が高い場合は高ボラティリティ(価格変動)の銘柄が最適
流動性が高く、スプレッドが狭い銘柄を選ぶ
流動性の高い銘柄は売買が活発で、価格の安定性が保たれやすく、コストを抑えつつ効率的な取引が可能
銘柄の歴史的価格変動とボラティリティを調べる
銘柄の過去のパフォーマンスと将来の可能性について理解を深めるのに有効
技術分析やファンダメンタルズ分析を活用して銘柄を選ぶ
銘柄の現在の状況や価格に影響を与える要因を把握することで、より精度の高い銘柄選択に役立つ

上記の点を踏まえた慎重な銘柄選択は、レバレッジ取引の成功に大きく寄与します。

価格・数量を設定する

価格と数量の設定は、リスク管理と利益達成のために重要です。以下のステップで適切な価格と数量を設定しましょう。

  1. 取引する通貨の現在価格を確認し、いくらで購入または売却するかを決める
  2. 自分の投資資金やリスク許容度を考慮して、購入または売却したい数量を決定する
  3. 注文の種類を選択する(成行注文、指値注文)
    ・成行注文:現在の市場価格で即座に取引される
    ・指値注文:指定した価格になったときのみ取引が行われる
  4. 損切り設定や利益確定の価格を設定する(リスク管理のため)
  5. 取引量とレバレッジ倍率に基づいて資金計算する

適切な計画と戦略に基づいて価格と数量を設定できれば、取引の成功につながります。

発注する

投資する銘柄の価格と数量を設定したら発注します。発注する手順は以下のとおりです。

  1. 取引プラットフォームにログインする
  2. 取引したい仮想通貨のペアを選択する
  3. レバレッジの倍率を設定する
  4. 購入または売却する数量を入力する
  5. 市場価格または指値価格を選択し、注文を入力する
  6. 注文を確認してから「発注」ボタンをクリックする
  7. 注文が成立するのを待つ

取引の成立後は進捗を常に監視しましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引のよくある質問

仮想通貨のレバレッジ取引に関して以下のよくある質問に回答します。安心してレバレッジ取引を利用するために参考にしてください。

  • レバレッジ取引は初心者でも安全?
  • レバレッジ取引の税金はどうなる?
  • 突然の大暴落による損失はどのように対策する?

レバレッジ取引は初心者でも安全?

レバレッジ取引は高いリスクを伴うため、初心者にはおすすめしません。市場の急激な変動で大きな損失が生じる可能性があり、十分な知識と経験が必要です。初心者は低いレバレッジの取引から始めてください。

リスク管理のために、損切り設定や資金管理の徹底が重要です。教育的なリソースやデモアカウントを利用して、実際の資金を投入する前に十分に練習しましょう。

レバレッジ取引の税金はどうなる?

レバレッジ取引において得られる利益は、「雑所得に分類されます。年間総利益が20万円を超える場合は確定申告が必要です。取引所から支払われる利息には、20.315%の源泉徴収が適用されるため、利益を正確に計算し、必要な税金を準備しましょう。

取引によって損失が発生した場合は、他の所得と相殺できます。損失を翌年以降に繰り越し、控除することも可能です。レバレッジ取引の税制は複雑なので、しっかりと理解して適切に対応しましょう。

突然の大暴落による損失はどのように対策する?

突然の大暴落による損失を防ぐためには、いくつかの戦略が考えられます。損失への対策に有効な戦略は以下のとおりです。

ストップロス注文の利用
あらかじめ定めた損失限界を超えた場合に自動売買するシステムで、予期せぬ損失を防げる
ポートフォリオの多様化によるリスク分散
異なる資産への投資で、一部の市場で不利益が発生しても他の市場からの利益でバランスが取れる
市場とニュースのチェック
市場とニュースへ常に注意を払うことで、必要に応じて迅速に対応できる
レバレッジ倍率を低く保つ
高レバレッジは大きな利益を生む反面、大きな損失を生むリスクがあるため、レバレッジ倍率を低く保つことで、リスクを抑えた取引ができる
資金管理の徹底
投資可能な資金範囲を超えた取引は大きな損失につながるため、自己資金内で慎重に取引することが大切

損失を見据えた戦略を適切に組み合わせ、突然の市場変動による損失リスクを減らし、安心して投資しましょう

まとめ

仮想通貨のレバレッジ取引に関して基本的な概念、メリット、デメリット、始め方、よくある質問について詳しく解説しました。基本的な知識があると、適切な投資判断ができます。

レバレッジ取引は、少額の資金で大きな取引ができ、24時間365日いつでも取引可能などの利便性もあります。一方で、初心者にとっては高いリスクが伴うことを忘れてはいけません。

仮想通貨のレバレッジ取引は、さまざまな情報を活用し、自己責任で慎重な取引をすることが重要です。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次