MENU

暗号資産はオワコンなのか?業界の現状と将来性について解説

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

目次

暗号資産はオワコンなのか

最近は暗号資産が下火になっていると感じている人も少なくないように思えます。

確かに一時期の暗号資産ブームは過ぎ去ったかもしれませんが、まだまだ可能性のある業界であることは確かです。

ビットコインも半減期に向けて価格を上げていくと思いますし、イーサリアムやリップルなどの主要なコインも値上がりの可能性を秘めています。

新しい暗号資産も次々と誕生していますので、暗号資産がオワコンになったということは決してありません。

一時期のブームは去りましたが、暗号資産はオワコンではありません。まだまだこれからの業界です。

業界の現状

暗号資産業界は現在下火になっていると感じている方はブームが去ったと感じているからでしょうか。

実際はtkも含めた暗号資産愛好者は暗号資産の可能性を疑ってはいません。

むしろ「こちら側」では日々盛り上がりすら感じています。

現状では一般的に暗号資産業界が盛り上がっているかと言われると、そうは感じません。

暗号資産関連の人と一般の人とでは盛り上がり方に乖離があるかもしれません。

一般的には暗号資産は下火になっていると感じますが、暗号資産愛好者は日々の暗号資産の動向に盛り上がりすら感じています。

暗号資産の将来性

暗号資産業界はこれからさらに伸びていくと予想しています。

tkは暗号資産の可能性を推しています。

暗号資産のこれからは希望があります。

人生希望があるのはいいことです。

ただし、投資の世界は決して甘くはありません。

得をすることもあれば損をすることもあります。

また完全に自己責任になるため、暗号資産を含めた「投資」は、必ずご自身で勉強をした上で行ってください。

二度目になりますが、tkは暗号資産の可能性を推しています。

暗号資産はとても面白い世界なので少しでも興味のある方は是非参加してください。

暗号資産を初めて勉強する方には下記の書籍がオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次