MENU

暗号資産ASTR(アスター)の将来性は?特徴や今後の可能性を解説

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

暗号資産の世界は日々進化し、新たなトークンが続々と登場しています。その中でもASTR(アスター)は特にその将来性から多くの投資家の視線を引きつけています。

本記事では、ブロックチェーン技術を背景に持つ暗号資産ASTR(アスター)の特徴や将来性ついて詳しく解説します。

・この記事から分かること

  • アスターとは何か?
  • アスターの特徴は?
  • アスターの将来性は?

アスターを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

\ 板取引で取引手数料が安く抑えられる /

目次

ASTR(アスター)とは

ASTR(アスター)とは、先端的なテクノロジーを駆使して実世界の様々な問題を解決しようとする画期的なプロジェクトやアプローチの総称です。

この概念は、科学技術と社会のニーズとが密接に連携し合い、持続可能な発展を促進することを目的としています。革新的な技術やアイデアが結集し、未来社会の構築に貢献することが期待されているため、多方面からの注目を集めています。

ASTRは現在注目の暗号資産です!

ASTRは、新しい技術の創出だけでなく、それを用いた社会システムやサービスの開発にも焦点を当てています。これにより、経済的・社会的な課題の解決に向け、実用的なソリューションを提供することが目指されています。

エネルギー、医療、環境、教育など、多岐にわたる分野での応用が期待され、その進展には多くの専門家や企業が貢献しています。ASTRの取り組みは、単に技術的な革新に留まらず、それらが社会に与える影響を深く理解し、より良い未来への道を切り拓くことを目指しています。

ASTR(アスター)の特徴

ASTRは、革新的な技術の統合により次世代のブロックチェーンネットワークを実現しています。高い柔軟性と拡張性を持ち併せており、開発者や企業に多岐にわたる応用可能性を提供しています。ASTRプロトコルでは、既存の問題を解決するために幾つかの重要な特徴が採用されています。

EVM対応

ASTRは、Ethereum Virtual Machine(EVM)に対応しており、イーサリアムで構築された既存のスマートコントラクトやアプリケーションを容易に移行できます。この互換性により、開発者は既に慣れ親しんだ環境を利用しながら、ASTRの提供する高いパフォーマンスと低いコストのメリットを享受できるようになります。イーサリアムベースのアプリケーションが途切れることなくASTRプラットフォームへの移行を図ることができ、ブロックチェーンのエコシステム拡大に貢献しています。

WASM dApps

ASTRネットワークは、WASM(WebAssembly)をサポートし、dApps(分散型アプリケーション)の開発をさらに革新しています。WASMは、高速な実行速度や異なるプログラミング言語のサポートを可能にし、開発者がより効率的かつ柔軟にdAppsを作成できるようにします。この技術を取り入れることで、ASTRは複雑なアプリケーションもスムーズに動作させ、ユーザーエクスペリエンスを高めることが可能です。開発者は使いやすい環境でイノベーションを追求し、ユーザーに最先端のアプリケーションを提供できます。

スケーラビリティに優れている

ASTRプロトコルは、その設計においてスケーラビリティを重視しています。トランザクション処理の効率化やネットワークの負荷分散をはじめとする技術的工夫により、大量のトランザクションも迅速かつ安定して処理する能力を持っています。この特徴は、ユーザー数の増加やデータ量の拡大に伴うトラフィックの増加にも柔軟に対応でき、スケールアップが必要な場合でもシステムの安定性を維持します。このようなスケーラビリティは、長期的な視点で見ても持続可能な成長をサポートします。

安全なセキュリティ

ASTRは、セキュリティに関しても最先端の技術およびプロトコルを導入して高い安全性を確保しています。スマートコントラクトの検証プロセスやトランザクションの暗号化などを徹底することで、ユーザーの資産やデータの保護を最優先に扱っています。不正アクセスやハッキングのリスクを最小限に抑えることで、開発者も安心してプラットフォームを利用し、ユーザーへの信頼性の高いサービス提供が可能になります。

XCM

ASTRは、XCM(Cross-Consensus Messaging)を通じて異なるブロックチェーンネットワーク間でのコミュニケーションを実現します。この機能は、異なるブロックチェーン間での資産やデータの移動を可能にし、さまざまなブロックチェーンプロジェクトを連携させることでエコシステム全体の機能性を向上させます。ユーザーは、複数のブロックチェーンにまたがるシームレスな体験を享受することができ、より広範囲なアプリケーションの利用や資産管理が可能になります。

Build2獲得

ASTRは、”Build2″グラントを獲得し、その開発資金を活用してプラットフォームの拡張と技術の進化を加速しています。この支援により、ASTRは新規プロジェクトの受け入れや開発者コミュニティの強化を図ることができるようになりました。また、さらなるイノベーションの促進や、より高いパフォーマンスと安全性を兼ね備えたブロックチェーンインフラの構築に寄与しています。このようにしてASTRは、業界をリードする存在としての地位を確固たるものにしています。

アスターの将来性

アスターが注目されている理由は、その革新的な取り組みにあります。デジタル金融の未来を形作る多くの要素—DeFi、NFT、大手インフラプロバイダー、そしてダオ—はアスターの将来性をさらに高めるポテンシャルを秘めています。これらの分野での進展は、アスターがデジタルアセットの世界で主要な役割を果たす可能性があることを示しています。

DeFi

分散型金融(DeFi)は、伝統的な銀行システムに代わる新しい形の金融サービスを提供します。アスターはこの分野で注目されるプラットフォームの一つで、ブロックチェーン技術を活用して安全かつ効率的な金融サービスを提供しています。

特に、スマートコントラクトを用いることで、中央管理機関なしに利用者間で資産の貸借りが可能となります。この透明性とセキュリティは、アスターのDeFiサービスがユーザーに広く受け入れられる理由の一つです。

今後数年間で、さらに多くのトークン化された資産や新しい金融商品がDeFiを通じて取引されるようになり、アスターのプラットフォームはこの分野で重要な役割を担うことになります。

NFT

非代替トークン(NFT)はデジタルアセットの持つ独自性と所有権を保証します。アスターはNFTを活用して、アート、ゲーム、コレクションなどの分野で革新的なアプローチを採用しています。

NFTマーケットプレイスを通じて、ユーザーはデジタルコンテンツを安全に売買でき、クリエイターは自身の作品に対する適切な価値を見出すことが可能になります。アスターのNFT分野への取り組みは、デジタルアセットの新たな価値を創造し、ブロックチェーン技術の多様な応用を促進しています。

これにより、アスターはNFTの世界での先駆者として、さまざまな産業に影響を与える可能性を高めています。

大手インフラプロバイダー

アスターは大手インフラプロバイダーとしての位置を確立しています。ブロックチェーン技術に基づくそのプラットフォームは、高いセキュリティ、スケーラビリティ、そして柔軟性を提供します。これにより、企業や開発者はアスターのプラットフォームを活用して、効率的かつセキュアな分散型アプリケーション(dアプリ)を構築できます。

特に金融、ヘルスケア、不動産など、さまざまな分野のプロジェクトにおいて、アスターは基盤として不可欠な役割を担っています。今後、ブロックチェーン技術の応用がさらに拡大するにつれて、アスターのインフラがサポートするプロジェクトの数と質は増加することが予測されます。

ダオ

分散型自律組織(ダオ)は、ブロックチェーンを活用した新しい形の組織運営モデルです。アスターはダオの概念を積極的に取り入れ、プラットフォーム内での意思決定やプロジェクトの管理を分散化しています。

これにより、参加者全員が平等に意見を述べ、投票によって重要な決定を下すことができます。ダオの採用は、アスターの持続可能性と成長への取り組みを反映しており、ユーザーによる共同体の力でイノベーションを加速させています。

アスターにおけるダオの成功は、将来的に他のプラットフォームでのダオ導入に影響を与え、組織運営の新たな標準を確立する可能性があります。

Astar Network は、相互運用性の重要な側面に重点を置くことで、Web3 以降の頼りになるブロックチェーンになります。

アスターの価格の推移

アスターは2022年に誕生してから次のように価格が推移しています。

出典:ビットバンク公式サイト

2024年に入ってから大きく上昇しているため、改めてその将来性に期待が高まります。

アスターが購入できる暗号資産取引所3社の比較

現在アスターを購入できる国内の暗号資産取引所は①ビットバンク②GMOコイン③ビットトレードの3社です(2024年2月26日現在)。3社の特徴を見ていきましょう。

暗号資産取引所の3社の特徴

取引所特徴
ビットバンク販売所で取り扱っている全ての通貨が板取引可能です。
板取引できる銘柄も多いので中級者以上の方にもオススメです。
GMOコインレバレッジ取引が可能なため、利用資産を超えた取引が可能です。
また暗号資産FXも行っているため、取引に慣れた中級者以上の方にオススメです。
ビットトレード取扱い暗号資産が全39銘柄と国内最多水準です。
最小2円から取引できるので初心者でも始めやすいです。

ビットバンク

bitbank
名称ビットバンク
取扱銘柄販売所37種類・取引所37種類
手数料(ASTR/JPY) :販売所 スプレッド
(ASTR/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
最小取引単位(ASTR/JPY) :販売所 0.00000001 ASTR
(ASTR/JPY) :取引所 0.0001 ASTR
公式サイトhttps://bitbank.cc/

ビットバンクは板取引が可能な銘柄が多く、中級者以上の方にもおススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

GMOコイン

名称GMOコイン
取扱銘柄販売所21種類・取引所23種類
手数料(ASTR/JPY) :販売所 取扱いなし
(ASTR/JPY) :取引所 Maker:-0.03% Taker:0.09%
最小取引単位(ASTR/JPY) :販売所 取扱いなし
(ASTR/JPY) :取引所 1ASTR 
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/

GMOコインはレバレッジ取引や暗号資産FXが利用できるため、中級者以上の方におススメです。GMOコインには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

ビットトレード

名称ビットトレード
取扱銘柄販売所37種類・取引所33銘柄ペア
手数料(ASTR/JPY) :販売所 スプレッド
(ASTR/JPY) :取引所 Maker:0.000% Taker:0.000%
最小取引単位(ASTR/JPY) :販売所 0.01ASTR
(ASTR/JPY) :取引所 【指値】1ASTR かつ2 JPY 【成行】買い:2JPY  売り: 1ASTR 
公式サイトhttps://www.bittrade.co.jp/ja-jp/

取引所4社の手数料の比較

スクロールできます
取引所手数料最小取引単位
ビットバンク(ASTR/JPY) :販売所 スプレッド
(ASTR/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
(ASTR/JPY) :販売所 0.00000001 ASTR
(ASTR/JPY) :取引所 0.0001 ASTR
GMOコイン(ASTR/JPY) :販売所 取扱いなし
(ASTR/JPY) :取引所 Maker:-0.03% Taker:0.09%
(ASTR/JPY) :販売所 取扱いなし
(ASTR/JPY) :取引所 1ASTR 
ビットトレード(ASTR/JPY) :販売所 スプレッド
(ASTR/JPY) :取引所 Maker:0.000% Taker:0.000%
(ASTR/JPY) :販売所 0.01ASTR
(ASTR/JPY) :取引所【指値】1ASTR かつ2 JPY
          【成行】買い:2 JPY  売り:1ASTR 

ビットバンクでアスターを購入する方法

ビットバンクは取扱銘柄すべてが板取引可能な暗号資産取引所です。

ビットバンクの口座開設方法はこちらで解説しています。↓

ビットバンクでアスターを購入する手順

①ビットバンクにログインする。

出典:ビットバンク公式サイト
出典:ビットバンク公式サイト

②取引所のASTR/JPYを選択

出典:ビットバンク公式サイト

③指値価格と数量を入力し、「注文」をクリック

出典:ビットバンク公式サイト

④購入完了

まとめ

・アスターは、分散型金融の分野で革新的なサービスを提供し、ユーザーに安全で効率的な資産運用の機会を提供しています。そのセキュリティ重視のアプローチや多彩な機能により、今後のDeFi市場でさらなる成長が期待されます。

・アスターは、分散型金融の未来を切り開く先駆者として、暗号資産市場で注目を集めています。その革新的なサービスと使いやすさから、多くのユーザーが今後の成長を期待しています。

・tkもアスターの将来性を見込んで今後の動向に注目していくつもりです。

アスターを購入するには板取引が利用できるビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

\ 板取引で取引手数料が安く抑えられる /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次