MENU

コインチェックは危ない?!評判とメリット・デメリットを徹底解説

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

  • コインチェックって危なくないの?
  • コインチェックの評判は?
  • コインチェックのメリットとデメリットは?

コインチェックは過去にハッキングにあったこともあり、未だに危ないと思っている方も多いようです。

結論から言うとコインチェックは初心者に評判がよく、セキュリティ面でも操作性の面でもとても優れた暗号資産取引所です。

数ある日本の暗号資産取引所の中で初心者に最もオススメしたいのがコインチェックです

この記事ではコインチェックの評判、利用するメリットとデメリットを徹底解説していきます。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料

目次

コインチェックとは?

コインチェックは2012年8月に設立された金融庁登録済みの暗号資産取引所です。

現在はマネックスグループ株式会社の完全子会社で、コインチェック株式会社が運営しています。

コインチェックは大手マネックスグループの傘下に入っていますので、信頼性も十分です。また、金融庁の登録済みなのでセキュリティ面でも安心です。

コインチェックのサービス

Coincheckつみたて

Coincheckつみたてとは、月々定額でビットコインを自動積立してくれるというサービスです。Coincheckに口座開設をしている個人の方であれば、どなたでも利用することができます。

Coincheckつみたてのポイントは以下の3点です。

  • 月々1万円から積立可能
  • 積立で安定した暗号資産取引
  • 入金から購入まで全て

Coincheckつみたてでは、BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, MONA, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, SAND, DOT, CHZ, LINK, MKR, MATIC, APE, AXS, IMX, WBTC, SHIB, AVAX (取扱通貨は、順次追加予定)の26種類の通貨に対応しています 。

出典:Coincheck公式サイト

自動積み立てを利用すればビットコイン購入の手間が省けて便利ですね。

Coincheckでんき

Coincheckでんきとは、ご家庭の電気代の支払いを「現金払い」か「ビットコイン払い」にすることで、お得に電気代を支払うことができるサービスです。

「Coincheckでんき」のシステムはシンプルで、次の2通りのプランのいずれかを選ぶだけです。

  • 電気料金を現金で支払う場合、料金の最大7%をビットコインで還元する
  • 電気料金をビットコインで支払う場合、料金の最大7%を割り引く

どちらを選んでも電気料金が割引されるわけですが、現金払いを選ぶと、割引分をビットコインで受け取ることができるのです。つまり、今までどおりに電気料金を支払っているだけで、毎月ビットコインが貯まっていくことになります。

また、Coincheckでんきは全国で対応しています。

出典:Coincheck公式サイト

ビットコインは今後価格を大きく上げていく可能性のある通貨のため、こつこつと手に入れていくのがいいでしょう。そのためビットコインが還元される現金払いがオススメです。

Coincheckガス

CoincheckガスはCoinceckでんきと同様のサービスで、ご家庭のガス代の支払いを「現金払い」か「ビットコイン払い」にすることで、お得にガス代を支払うことができるサービスです。

プランもCoincheckでんきと同じく次の2通りのプランがございます。

  • ガス料金を現金で支払う場合、料金の3%をビットコインで還元する
  • ガス料金をビットコインで支払う場合、料金の3%を割り引く

※現在は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県、茨城県・栃木県・群馬県にお住まいのご家庭で、東京ガス(都市ガス)を利用しているユーザーがご利用いただけます。

出典:Coincheck公式サイト

こちらも電気代同様ビットコインが還元される現金払いがオススメです。

貸暗号資産サービス

Coincheckでは、「貸暗号資産サービス」を提供しています。これは、ユーザーから暗号資産を一定期間預かり、期間満了後に利用料を追加して払い戻すというサービスです。

暗号資産の取引では、刻々と変動する価格に合わせたタイムリーな取引ができるようになります。しかし、多くのユーザーは、一日中チャートをチェックし続けることはできません。

しかし、貸暗号資産サービスを利用すれば、通貨をCoincheckに預けることで、期間満了とともに利用料分の通貨が追加されて払い戻しを受けられます。

貸暗号資産サービスは、Coincheckが取り扱いしている全通貨で利用することができ、貸出期間も14日間・30日間・90日間・365日間から選ぶことができます。

出典:Coincheck公式サイト

暗号資産は長期保有が原則のため、初心者の方には短期の売買はオススメしません。もし保有している暗号資産の価格が下落しても長期的に見ればまた上昇するでしょう。そのため貸暗号資産サービスを利用すれば長期保有中の暗号資産を有効活用することができます。

暗号資産は必ず上昇するわけではなく、暴落の危険もあるため、必ずご自身の責任で投資してください。

Coincheck NFT

Coincheck NFTは国内初となる、暗号資産交換業者が運営するユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができるマーケットプレイスです。

Coincheck NFTは、従来のNFT取引において課題とされていた、スケーラビリティ(拡張性)問題から発生するネットワーク手数料(Gas代)の高騰や複雑な取引方法などの課題を解決しています。

Coincheckの口座をお持ちの方はどなたでも、NFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料(Gas代)は無料です。

取扱い商品は、2021年12月22日時点で『CryptoSpells』『The Sandbox』『NFTトレカ』『Meebits』などのアイテムがラインナップされており、今後も随時追加されていく予定です。

出典:Coincheck公式サイト

Coincheck NFTはNFTを簡単に購入することができるため、特に初心者の方にオススメです。

コインチェックの取り扱い通貨

Coincheckで取り扱っている通貨は以下の29銘柄です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エイジコイン(ENJ)
  • パレットトークン(PLT)
  • サンド(SAND)
  • ポルカドット(DOT)
  • フィナンシェトークン(FNCT)
  • チリーズ(CHZ)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • ポリゴン(MATIC)
  • イミューダブル(IMX)
  • アクシーインフィニティ(AXS)
  • エイプコイン(APE)
  • ラップドビットコイン(WBTC)
  • アバランチ(AVAX)
  • シバイヌ(SHIB)

※2024年2月時点

上記29銘柄のうち取引所で取引できる通貨は8銘柄で、その他は販売所での取引のみが可能です。

コインチェックは危ない?

コインチェックは2018年1月にハッキング被害に遭い、約580億円の暗号資産(当時の名称は「仮想通貨」)NEM(ネム)が流出しました。

この規模の流出は暗号資産業界の中でも過去最大の金額で、日本のみならず世界中に衝撃が走りました。

2018年当時のコインチェックはまだ仮想通貨交換業みなし業者で、金融庁の登録を受けておらず、暗号資産(当時の名称は「仮想通貨」)もホットウォレットで保管していたため、セキュリティ面が弱く、そこを狙われてしまいました。

現在コインチェックは日本の大手企業マネックスグループの傘下に入っており、セキュリティ面も大幅に改善されたため、他の暗号資産取引所と比較しても信頼できると言っていいでしょう。

具体的なセキュリティの改善
  • コールドウォレットの導入: コインチェックは、ほとんどの暗号資産をオフラインのコールドウォレットに保管して、オンラインでの攻撃から資産を保護するための対策を取っています。
  • マルチシグネチャー機能の利用: マルチシグネチャーは、取引の際に複数の署名が必要となる機能であり、これによりセキュリティを向上させることができます。
  • 監視と通報体制の強化: 不審なアクティビティや異常な取引が検出された場合、早期に対処できるように監視体制を強化しています。
  • 法規制の順守: コインチェックは、日本の金融庁の監視下にあり、暗号資産交換業としての法規制を順守しています。

暗号資産取引所は常にハッキングのリスクが伴いますので、ユーザーはセキュリティの重要性を理解し、二段階認証(2FA)などのセキュリティ機能を活用して、ご自身のアカウントを保護することが重要です。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

取引所でのビットコイン取引手数料が無料

コインチェックの評判は?

コインチェックの評判はどのようなものがあるでしょう。

①初心者でも使いやすい

Coincheckは、初心者でも使いやすい暗号資産取引所との高い評価を得ています。

出典:コインチェック公式サイト

画面が見やすく操作性が良いので、暗号資産初心者に最もオススメしたいのがコインチェックです。

②2ヶ月連続BTC現物取引高「国内No.1」

2022年7月および8月の取引所取引におけるビットコイン現物取引高が2ヶ月連続「国内No.1(※1)」を記録しているため、ユーザが安心して暗号資産を売買することができる取引所の1つであると言えるでしょう。

※1 国内暗号資産交換業者の取引所における2022年7月および8月の月次取引高(現物取引が可能な市場のみ) Coincheck調べ

出典:コインチェック公式サイト

コインチェックでは取引所でのビットコイン取引手数料が無料なので、ユーザーに支持されています。

③質の高いカスタマーサポート

Coincheckは、HDI-Japan(運営:シンクサービス株式会社)が主催するHDI格付けベンチマークの「問合せ窓口格付け(メール窓口)」において、暗号資産交換業で初めて(※)最高評価である三つ星を獲得しています。』

Coincheckはアプリの見やすさ、使いやすさだけでなくカスタマーサポートも非常に充実していることから、ストレスなくサービスを利用できる取引所の一つと言えるでしょう。

(※)2022年10月現在、Coincheck調べ。インターネットの公開情報を基に、認定企業および認定企業の業種・カスタマーサポート手法を調査。

出典:コインチェック公式サイト

カスタマーサポートが充実していると、いざという時に助かりますね。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

取引所でのビットコイン取引手数料が無料

コインチェックを利用するメリット

メリット①

コインチェックは画面が見やすく取扱い通貨も多いので安全で簡単な取引が可能です。

メリット②

コインチェックは暗号資産業界の中でも最大手の部類なので、信頼の面でも安心です。

メリット③

取引操作がしやすいため、特に初心者の方にオススメです。

メリット④

日本の大手企業マネックスグループの傘下に入っていることにより、セキュリティの面でも安心です。

メリット⑤

ビットコインの取引所での取引手数料が無料です。

コインチェックを利用するデメリット

デメリット①

コインチェックは板取引ができる通貨が限られているため、暗号資産の中級者以上の方は満足な取引ができない可能性もあります。

デメリット②

取引所の取扱銘柄が少ないため、販売所で購入するとスプレッドが高くなってしまうのが難点です。

取引所の取扱銘柄(2024年2月時点)

  • ビットコイン(BTC)
  • ラップドビットコイン(WBTC)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ダイ(DAI)
  • パレットトークン(PLT)
  • フィナンシェトークン(FNCT)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

全8銘柄が取引可能です。

イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)という主要コインの板取引には対応していないので、取引所の取引においては不十分と言えるでしょう。

コインチェックと他社の取引所との比較

暗号資産取引所の4社の特徴

取引所特徴
コインチェック初心者でも簡単に操作ができます。
取引所のビットコイン取引手数料が無料のためお得に利用できます。
ビットバンク販売所で取り扱っている全ての通貨が板取引可能です。
板取引できる銘柄も多いので中級者以上の方にもオススメです。
ビットポイント取引所で取り扱っているすべての通貨の取引手数料が無料です。
コストを抑えて取引を行いたい方にオススメです。
GMOコインレバレッジ取引が可能なため、利用資産を超えた取引が可能です。
また暗号資産FXも行っているため、取引に慣れた中級者以上の方にオススメです。

コインチェック

コインチェック
名称コインチェック
取扱銘柄販売所29種類・取引所8種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド0.1〜5.0% 
(BTC/JPY) :取引所 無料
最小取引単位(BTC/JPY) : 0.005 BTC以上 かつ 500円(相当額)以上から
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

取引所でのビットコイン取引手数料が無料

ビットバンク

bitbank
名称ビットバンク
取扱銘柄販売所37種類・取引所37種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
最小取引単位(BTC/JPY) :販売所 0.00000001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC
公式サイトhttps://bitbank.cc/

ビットバンクは板取引が可能な銘柄が多く、中級者以上の方にもおススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

ビットポイント

名称ビットポイント
取扱銘柄販売所21種類・取引所11種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 無料
最小取引単位(BTC/JPY) :販売所 買注文が500円以上、売注文は0.00000001BTC以上
(BTC/JPY) :取引所 0.0001BTC
公式サイトhttps://www.bitpoint.co.jp/

ビットポイントは取引所取扱通貨すべての取引手数料が無料です。ビットポイントには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 今なら最大2,000円相当のビットコインをプレゼント /

GMOコイン

名称GMOコイン
取扱銘柄販売所21種類・取引所23種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 Maker:-0.01% Taker:0.05%
最小取引単位(BTC/JPY) :販売所 0.00001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/

GMOコインはレバレッジ取引や暗号資産FXが利用できるため、中級者以上の方におススメです。GMOコインには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

取引所4社の手数料の比較

スクロールできます
取引所手数料 最小取引単位
コインチェック
(BTC/JPY) :販売所 スプレッド0.1〜5.0% 
(BTC/JPY) :取引所 無料
(BTC/JPY) :販売所 0.005 BTC以上 かつ 500円(相当額)以上から
(BTC/JPY) :取引所 0.005 BTC以上 かつ 500円(相当額)以上から
ビットバンク(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
(BTC/JPY) :販売所 0.00000001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC
ビットポイント(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 無料
(BTC/JPY) :販売所 買注文が500円以上、売注文は0.00000001BTC以上
(BTC/JPY) :取引所 0.0001BTC
GMOコイン(BTC/JPY) :販売所 スプレッド0.1〜5.0% 
(BTC/JPY) :取引所 Maker:-0.01% Taker:0.05%
(BTC/JPY) :販売所 0.00001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC

コインチェックの口座開設方法

ここからはコインチェックの口座開設方法を解説していきます。

①コインチェックの公式サイトから会員登録をクリック

出典:コインチェック公式サイト

②メールアドレスとパスワードを入力し、私はロボットではありませんにチェックを入れる→会員登録をクリック

出典:コインチェック公式サイト

③メールアドレスに確認メールが届く→記載のURLをクリック

出典:コインチェック

④「各種重要事項を確認する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑤「各種重要事項」を確認し、チェックを入れる→「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑥「本人確認書類を提出する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑦電話番号を入力し、「SNSを送信する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑧送信されたSNSに表示されている6桁の番号を入力する

⑨本人確認書類を提出する

⑩2段階認証を完了させる

口座開設完了!

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

取引所でのビットコイン取引手数料が無料

コインチェックでビットコインを購入する方法

ここからはコインチェックでビットコインを購入する方法を解説します。

ビットコインを購入するには「販売所」と「取引所」の2つの方法がありますので、それぞれ見ていきましょう。

販売所でビットコインを購入する

1.コインチェックの公式サイトにログインして、「販売所(購入)」を選択する

2.「ビットコイン(BTC)」を選択する

3.ビットコイン(BTC)の購入数量を指定し、表示された時価に基づいた購入金額を確認する

4.「購入する」をクリックして購入完了

販売所でのビットコインの購入には取引手数料がかかります。

初心者にはビットコインを簡単に購入できる「販売所」がオススメです。取引に慣れてきたら「取引所」で取引するようにしましょう。

取引所でビットコインを購入する

1.コインチェックの公式サイトにログインする。

2.「現物取引」でBTCを選択し、「レート」と「注文量」を入力する(「BTC買い板/売り板」の「レート」をクリックすれば「現物取引」の「レート」に自動入力されます)。

3.「買い」を選択し、「注文する」をクリックする。

4.買いが成立すれば取引完了。

取引所でビットコインを購入すれば取引手数料が無料になります。

まとめ

コインチェックはセキュリティ面でも操作性の面でもとても優れた暗号資産取引所です。

国内最大手の部類の暗号資産取引所のため、初めての方でも安心です。

メリットとデメリットそれぞれありますが、数ある暗号資産取引所の中で初心者に最もオススメしたい取引所です。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

取引所でのビットコイン取引手数料が無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次