MENU

ビットコイン(BTC)とは何か?初心者にもわかりやすく解説。

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

ビットコインは暗号資産の代表格の一つです。今はビットコインという言葉を聞いたことがないという人の方が少ないのではないでしょうか。しかしビットコインが一体何なのか分からない人は多いと思います。

こちらの記事では「ビットコインとは何か」ということを初心者の方にもわかりやすく解説しています。

ビットコインを購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ ビットコインを500円から購入できる /

目次

ビットコインの始まり

皆さんは暗号資産と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

暗号資産と聞いてまず思いつくのはビットコインでしょう。

ビットコインは一番最初に誕生した暗号資産です。

ビットコインは2009年に誕生。

2010年5月に最初の取引として、ラズロ・ハニエツ氏とピザ屋との間でピザ2枚1万BTCで取引されました。

2023年10月19日現在のビットコインの価格が1BTC約420万円であることから、今の価格でいうとピザ2枚が420億円で取引されたということになります(2010年当時のビットコインの価格は1BTC約0.2円でした)。

それから約13年の歳月が経過しましたが、ビットコインの将来性はまだまだこれからという感じです。

2024年から2025年にかけて「半減期」が到来すると予測されていることもあり、暗号資産界隈では日々のニュースに盛り上がりを見せています。

ビットコインとは一体なんでしょうか?

ビットコインは2008年に正体不明の人物「サトシナカモト」が考案した新しい通貨で、「ナカモトサトシ論文」というものが世界に発表されました。

この論文を元に2009年に「ビットコイン」が誕生し、新しい通貨の始まりとなりました。

サトシナカモトの正体については様々な憶測が飛び交っており、正体は「日本人の○○だ」、「複数のチームだ」などと噂されていますが、真偽の程は定かではありません。

ビットコインの利用手段

ビットコインは今では様々な手段で利用されています。

ビットコインの利用手段

飲食店やECサイトでの決済

・送金

投資  

etc

上記の3つの利用手段について、一つ一つ見ていきましょう。

①飲食店やECサイトでの決済

商品を購入する際に、ビットコインでの支払いが可能なものがあります。

飲食店やECサイトで支払い可能な店があり、ビットコインで決済することが可能です。

②送金

ビットコインは個人間での送金や海外送金が可能です。

送金手数料が安いというメリットの反面、デメリットとしてビットコイン自体の価格変動のリスクがあります。

③投資

ビットコインは長期的観点から考えると上昇傾向にあると予測していますので、投資対象としても有効です。

ビットコインのオススメの投資方法

ビットコインを含めた暗号資産は価格変動が大きいので一度に大きな金額を投資するのはあまりオススメしません。

tkがオススメするのは「ドルコスト平均法」で投資をすることです。

これは毎月決まった日に決まった金額を投資する方法で、例えば毎月月末に0.01BTCを購入し、毎月積み立てると行った形になります。

この投資方法はリスクを最小限に抑えることができるので、特に投資初心者の方にオススメです。

ドルコスト平均法について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。↓

ビットコインの半減期とは何か?

ビットコインは約4年に一度半減期と呼ばれる現象が起こります。

これはビットコインの「マイニングによる報酬」が半分になるというものです。

半減期はビットコインに自動的に組まれたプログラムです

「マイニングによる報酬」と「半減期」とは

ビットコインの取引が行われた場合、取引の内容が正しいかを「特定されない第三者」が検証しています。

この検証作業が「マイニング」です。

そしてその第三者が取引内容の検証→承認までたどり着くと、報酬としてその第三者に一定のビットコインが与えられます。

これがマイニングによる報酬です。

この「マイニング」という検証・承認作業が一定回数行われた場合に、マイニング報酬が半分になるという現象が起こります。

これが「半減期」と呼ばれるもので、およそ4年に1度起こります。

現在ビットコインのマイニングは、大手企業などの資金力のある団体が報酬を目的にマイニング用のマシンや場所、人を使用していますので、個人が参入することはほぼ不可能です。

半減期は過去に3回起こっており、3回とも半減期から1年間の間に半減期前のビットコインの価格が急激に上昇しています。

半減期についてはこちらで詳しく解説しています。↓

半減期に向けたビットコインの買い方の例

tkも含めたビットコインの愛好者達はこの半減期向けてコツコツと仕入れを行っています。

今回tkが用意した投資額は100万円です。

2023年7月末に5万円、8月末に10万円、9月末に15万円を購入しています。

10月末も15万円の買い増しを予定しており、来年の2月まで買い増しを続けていく予定です。

過去のデータから、半減期から1年の間に半減期前に購入したビットコインの価格が最低でも6倍以上に上がると予想しているので、いいタイミングで売ることができればベストです。

ビットコインの将来性

2009年にビットコインが誕生してから13年ほど立ちますが、tkの実感としては思ったよりも広がっていないなという印象です。

現在暗号資産は投資の対象とみられることが多いため、決済など日常生活での利用はまだ浸透していないように感じます。

tkも投資の対象としてビットコインを保有していますが、決済に使用したことはありません。

ビットコインは投資の対象とみられることが多いですが、世界的には決済に使用できるサービスが増えてきています。

tkが暗号資産に出会ったのが2017年のことです。

当時は暗号資産が日常的に利用される将来を想像していましたが、まだまだこれからのようです。

世界的に見るとビットコインでの決済は広がってきていますし、近々ETF承認も行われると思いますので、ビットコインはこれからさらに利用が広がっていくはずです。

ビットコインの仕組とブロックチェーン

ビットコインの取引にはブロックチェーン技術が利用されています。

ブロックチェーン技術とは暗号資産の取引を記録するためのものです。

暗号資産の取引を行うと、取引が行われるたびに、インターネット上にブロックが生成され取引が記録されます。

そのブロックが取引記録で一杯になると新たなブロックが生成され、ブロック同士は鎖でつながれます。

ブロックは取引が行われるたびに増えていきます。

これが「ブロックチェーン技術」と呼ばれるものです。

ビットコインを含む暗号資産はブロックチェーン技術を採用することにより、取引記録をビットコインの参加者全員で管理する仕組になっており、中央集権型と言われる金融機関のように「特定の管理者」というものが不要になる画期的なシステムになっています。

ビットコインが誕生した背景には誰かに管理されるわけではない、「自由な通貨の形」を現実したいという思いがあったと言われています。

ビットコインを購入する方法

ビットコインはどうやって購入することができるのでしょうか。

ビットコインを購入するには暗号資産取所で口座開設する必要があります。

暗号資産取引所の選び方についてはこちらの記事で解説しています。↓

初心者の方が暗号資産取引所を選ぶポイント

①安心して取引ができること

セキュリティ面が高く、口コミのいい取引所だと安心ですよね。

②取引が簡単にできること

初めてビットコインを購入する際は少額から始めた方が安心です。

取引に慣れるまでは操作が簡単な取引所を利用することをオススメします。

ビットコインを購入する流れは下記の通りです。

暗号資産取引所で口座開設する→暗号資産取引所に日本円を入金する→暗号資産取引所でビットコインを購入する

購入方法はどこの暗号資産取引所でも同じですが、操作方法に違いがあるため、ご自身にあった暗号資産取引所で取引を行いましょう。

ビットコインを購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ ビットコインを500円から購入できる /

どこの暗号資産取引所で口座開設すればいいか迷ったら是非コインチェックで口座開設してみましょう。

コインチェックは暗号資産業界で最もメジャーと言っていい取引所です。

大手のためセキュリティ面も安心です。

取引操作も簡単なので初心者の方にもオススメです。

コインチェックの口座開設は無料で、口座の維持費なども一切かかりませんのでご安心ください。

コインチェックの口座開設手順

①コインチェックの公式サイトから会員登録をクリック

出典:コインチェック公式サイト

②メールアドレスとパスワードを入力し、私はロボットではありませんにチェックを入れる→会員登録をクリック

出典:コインチェック公式サイト

③メールアドレスに確認メールが届く→記載のURLをクリック

出典:コインチェック

④「各種重要事項を確認する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑤「各種重要事項」を確認し、チェックを入れる→「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑥「本人確認書類を提出する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑦電話番号を入力し、「SNSを送信する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑧送信されたSNSに表示されている6桁の番号を入力する

⑨本人確認書類を提出する

⑩2段階認証を完了させる

口座開設完了!

コインチェックでビットコインを購入する方法

ビットコインを購入する手順は下記の通りです。

取引所でビットコインを購入する

1.コインチェックの公式サイトにログインする。

2.「現物取引」でBTCを選択し、「レート」と「注文量」を入力する(「BTC買い板/売り板」の「レート」をクリックすれば「現物取引」の「レート」に自動入力されます)。

3.「買い」を選択し、「注文する」をクリックする。

4.買いが成立すれば取引完了。

取引所でビットコインを購入すれば取引手数料が無料になります。

販売所でビットコインを購入する

1.コインチェックの公式サイトにログインして、「販売所(購入)」を選択する

2.「ビットコイン(BTC)」を選択する

3.ビットコイン(BTC)の購入数量を指定し、表示された時価に基づいた購入金額を確認する

4.「購入する」をクリックして購入完了

販売所でのビットコインの購入には取引手数料がかかります。

初心者にはビットコインを簡単に購入できる「販売所」がオススメです。取引に慣れてきたら「取引所」で取引するようにしましょう。

ビットコインを購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ ビットコインを500円から購入できる /

まとめ

ビットコインは一番最初に誕生した暗号資産です。

●ビットコインの利用手段はいくつもありますが、例として下記の3つの利用手段があります。

①飲食店やECサイトなどの決済手段

②送金

③投資

ビットコインには「半減期」があり、過去のデータによると半減期から1年間の間に半減期前のビットコインの価格が6倍以上になっています。

2024年以降のビットコインは半減期の到来やETF承認、決済手段の多様化によりこれからさらに広がっていくでしょう。

ビットコインとは「特定の管理者」が存在しない、「自由な通貨」です。

ビットコインを購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ ビットコインを500円から購入できる /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次