MENU

【初心者向け】仮想通貨デビューを完全サポート!ビットコインの始め方・買い方

  • ビットコインの買い方がわからない
  • ビットコインの購入を考えているけど、どこから始めたらいいの?
  • ビットコインのリスクが知りたい

多くの人がデジタル通貨に興味を持ちながら、その入り口で迷っています。この記事では、ビットコインの安全な買い方やリスク、取引所を選ぶときのポイント解説します。ビットコインの安全な買い方を理解し、賢い投資の第一歩を踏み出しましょう。

記事を読むことで、ビットコイン購入の不安を解消し、自信を持って取引に臨めます。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料

目次

ビットコインとは

ビットコインはインターネット上で使われるデジタル通貨です。中央銀行や政府の管理を受けずに運営される点が最大の特徴です。従来のお金とは大きく異なるため、通貨の概念に大きな革新を与えています。

ビットコインは世界中で利用可能であり、国境を越えた資金のやり取りに非常に便利です。ブロックチェーン技術によって取引の記録が確実に残されるため、透明性は非常に高いと評価されています。供給量が限られているため、価値が下がりにくいと考える人も多いです。

ビットコインの歴史

ビットコインの歴史を、時系列に沿って見てみましょう。

  • 2008年頃〜 サトシ・ナカモトの発表した論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」によりビットコインが誕生
  • 2009年1月 最初のビットコインブロック(ジェネシスブロック)が採掘され、ネットワークが稼働する
  • 2010年5月 ビットコインで初めて実物の商品(ピザ)が購入される(10,000BTC)
  • 2011年頃〜 他の暗号資産が現れ始める(リップル、ライトコインなど)
  • 2013年4月 ビットコインの価格が初めて$100を超える
  • 2013年10月 最初のビットコインATMがカナダに設置される
  • 2017年12月 ビットコインが一時的に$20,000近くまで上昇
  • 2020年 ビットコインの法定通貨としての受け入れが拡大し始める
  • 2021年 エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用
  • 2022年 インフレーションや経済の不確実性の中で、ビットコインがデジタルゴールドとしての地位を確立

ビットコインは、インターネットを通じてユーザー間で直接取引できる電子現金システムです。世界中での認知と使用が進んでおり、暗号資産市場の注目を集めています。

ビットコインの技術革新と新しい金融概念により、将来の社会と経済への影響が期待されています。

ビットコインと他の暗号資産の違い

ビットコインは最初の暗号資産であり、発行量が限られているのが特徴です。ビットコインの総数は2,100万であるのに対し、他の暗号資産では供給量が違ったり、無制限であったりするケースが見られます。

取引の承認方法にも違いがあります。ビットコインの取引が承認される為には「プルーフ・オブ・ワーク」という計算問題への回答が必要です。他の暗号資産では「プルーフ・オブ・ステーク」の他に「デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク」など別の手法が使われます。

ビットコインは元々通貨の機能を目的として作られ、価値保存の手段として認識されています。他の暗号資産には「スマートコントラクト」や「dApps」などの追加機能があり、開発者やユーザーは新たな使い方が可能です。ビットコイン以外の暗号資産は、実験的な用途や特定のニーズに応じて設計されることが多いです。

ビットコインの購入前に知っておくべきリスク

ビットコインの購入はリスクを伴います。投資をスタートする前に、以下のリスクを理解しておくことが非常に重要です。

  • 高い価格変動性:短期間で大きく価格が変動することがある
  • セキュリティの問題:ハッキングやフィッシング詐欺により資産が盗まれる可能性がある
  • 規制の不確実性:規制変更により、価格や利用可能性に影響を受ける可能性がある
  • 技術的障壁:ビットコインの保管や取引における誤操作が資産損失につながることがある
  • 無利息資産:ビットコインは利息を生まないため、利息を得られる投資より不利な場合がある
  • 市場の流動性の問題:市場の流動性が低下すると、ビットコインを希望の価格で売買できなくなる
  • タイミングの問題:投資タイミングを誤ると大きな損失を被る可能性がある
  • 税金の問題:ビットコインの取引に関連する税金のトラブルに直面するリスクがある
  • 失ったビットコインの回復が不可能:ウォレットのアクセス情報を失うと、ビットコインを回復できない

» 仮想通貨の始め方

ビットコインを購入する取引所を選ぶときのポイント

ビットコインの取引所を選ぶ際に重要なポイントとして、以下の4点を意識しましょう。

  • セキュリティ体制
  • 取引手数料
  • 出来高
  • ツールの使いやすさ

セキュリティ体制

取引所を選ぶ際は、セキュリティ体制の確認が非常に重要です。セキュリティが不十分な取引所では、ハッキングによる資産の損失リスクが高まるからです。

取引所が採用しているセキュリティ対策には、サーバーやシステムの保護などさまざまなものがあります。利用者が取引所を選ぶ際に確認すべき点は、以下の通りです。

  • 顧客の資産を保護するためのコールドウォレットの利用状況
  • マルチシグネチャ技術の採用有無
  • 定期的なセキュリティ監査や脆弱性評価の実施
  • ユーザー認証のための二要素認証(2FA)の導入
  • ハッキングやシステム障害時の顧客への補償体制
  • DDoS攻撃などへの防御体制
  • エンドユーザー資産の分別管理の有無
  • セキュリティインシデント発生時の対応プロトコル
  • ユーザーのセキュリティ意識向上のための教育・情報提供の取り組み

二要素認証の導入や、定期的なセキュリティ監査を行っているかもチェックしましょう。

万が一の事態が起きた際の補償体制や、ユーザー自身のセキュリティ意識を向上させるための教育・情報提供も大切です。補償や対策を確認することで、安心してビットコイン取引を行えます。

取引手数料

ビットコインを購入する際、取引手数料は重要なポイントです。取引所ごとに、手数料の種類や率に違いがあります。取引手数料として、以下の費用が挙げられます。

  • 取引成立時の手数料
  • 資金の入出金時にかかる手数料
  • 売買価格の差額によるスプレッド

取引量が増えるほど手数料の影響も大きくなるため、低手数料の取引所を選ぶことが大切です。頻繁に取引するトレーダー向けの手数料の割引や、現物取引が無料の取引所もあります。

取引所の手数料は予告なく変更される場合があるので、最新の情報を常にチェックすることが重要です。取引所の手数料体系を理解すれば、費用対効果を高められます。

出来高

出来高は、取引所での取引活動の活発さを示す重要な指標です。出来高が多い取引所は流動性が高いため、スムーズに取引が行えます。安定した価格で大量のビットコインを売買できるので、多くのトレーダーや投資家にとって好ましい条件を提供できます。

反対に、出来高の低い取引所は価格の変動が大きく、売買に不利な影響を与える可能性が高いです。出来高は取引所選びで信頼性を見極めるための指標としても利用されます。取引所を選ぶ際は、安心して取引を行えるよう、出来高を確認しておくことがおすすめです。

ツールの使いやすさ

ビットコイン取引をスムーズに進めるためには、ツールの使いやすさが重要です。使い勝手が良いと、初心者でも直感的に使えます。ポイントは、以下のとおりです。

  • わかりやすいユーザーインターフェース
  • 必要な機能へのアクセスのしやすさ
  • さまざまなデバイスへの対応
  • 専用アプリの利便性
  • 注文の種類
  • カスタマイズ性
  • 充実した教育リソース
  • 迅速なカスタマーサポート
  • 取引プラットフォームの安定性や稼働率
  • マルチ言語サポートの有無
  • 地域特化の機能の有無
  • 取引履歴や報告書の詳細度

ツールやグラフの分析機能が充実していると、市場の動向が正確に把握でき、賢明な投資判断ができます。

ツールの使いやすさはビットコイン取引の成功に直結しています。取引所を選ぶ際は、利用するツールについて確認が必要です。

ビットコインの買い方

ビットコインの買い方は、以下のとおりです。

  1. 取引所の口座を開設する
  2. 取引所に資金を入金する
  3. ビットコインを購入する

取引所の口座を開設する

取引所の口座を開設する際には、複数の手順を踏む必要があります。以下の手順を正しく実行することで、安全かつ効率的に口座開設が可能です。

  1. 選んだ取引所の公式ウェブサイトにアクセスする
  2. ウェブサイトでアカウント作成またはサインアップのリンクをクリックする
  3. 必要な個人情報(氏名、メールアドレス、電話番号等)を入力する
  4. 強固なパスワードを設定し、アカウントのセキュリティを強化する
  5. 本人確認(KYC)手続きを行うため、身分証明書(免許証、パスポートなど)を用意する
  6. 銀行口座情報を提供して、取引所と自分の銀行口座をリンクさせる
  7. メールやSMSで送信される確認コードを使ってアカウントを認証する
  8. 二要素認証(2FA)を設定して、ログイン時のセキュリティを高める
  9. 口座開設の申請が完了し、承認を待つ

» 仮想通貨の口座開設をする方法

取引所に資金を入金する

ビットコインを購入する際には、取引所への資金入金が重要なステップです。入金方法は取引所により異なるため、利用可能な方法を確認してください。

主な入金方法は以下のとおりです。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • クリプトに対応した電子決済サービス

入金時には手数料が発生する場合があるため、事前に手数料の金額をチェックし、コストを抑える方法を選択しましょう。入金の反映時間はサービスごとに異なるので、いつ資金が使えるようになるかも確認が必要です。最低入金額や通貨の制限に関しては、事前に取引所の規約を確認することをおすすめします。

ウォレットへの反映を確認後、ビットコインの購入に進めます。取引をスムーズに開始できるよう、しっかりとした準備を心がけましょう。

ビットコインを購入する

ビットコインの購入には、以下のステップを踏む必要があります。

  1. 取引所のウェブサイトまたはアプリにアクセスする
  2. アカウントを作成し、必要な個人情報を入力する
  3. 身分証明書を提出して本人確認を行う
  4. 取引所に対応する支払い方法(銀行振込、クレジットカード等)を使って資金を入金する
  5. 市場価格または希望価格でビットコインを購入するための注文を出す
  6. 注文が成立したら、購入したビットコインが取引所のウォレットに反映される

セキュリティの観点から、ビットコインは個人のウォレットへの移動をおすすめします。

こちらの記事ではビットコインを簡単に購入できるコインチェックの評判について解説しています。

ビットコイン購入するときのポイント

ビットコイン購入時に重要なポイントを、以下の3つの観点から解説します。

  • 最適な購入タイミング
  • 購入金額の決め方
  • 取引所が倒産した場合のビットコインの取り扱い

最適な購入タイミング

ビットコイン購入の最適なタイミングを見極めるには、以下の2点を意識してください。

  • リスク管理
  • リターンの最大化

マーケットのトレンドを分析し、ビットコインの価格に大きな影響がある経済ニュースや政治的イベントに注目しましょう。

タイミングを見極めるためにチャート分析を行い、価格のサポートレベルやレジスタンスレベルを理解することも有用です。ドルコスト平均法を用いて、市場の変動リスクを分散させる戦略もあります。
» 仮想通貨のチャート分析を解説

取引量が多く流動性が高いときに購入すれば、より安定した価格での取引が可能です。ビットコインの基本的価値に影響を与える経済の基礎的条件も分析しましょう(採掘コスト、供給量の変化など)。ハービングやソフトウェアアップデートなどの、価格に影響を与えるイベントにも注意が必要です。

インフレや金融不安の情報にも注目してください。経済的不確実性が高まると、ビットコインへの資金流入が増加するからです。ただし長期保有を目的とする場合は、市場のタイミングを読むよりも購入へのコミットメントがより重要です。

購入金額の決め方

ビットコインの購入金額は、投資可能な余剰資金に基づいて決める必要があります。市場変動の影響を抑えるため、資産の一部をビットコインに割り当て、残りは他の資産でバランスを取りましょう。

長期的な視点で投資を考える場合、購入のタイミングを分散させる積立購入がおすすめです。短期での利益を目指す場合は、市場分析を行いながら適切な金額を選ぶ必要があります。

リスクへの対応としては、自身のリスク許容度に合わせた購入金額の調整が大切です。金額設定を適切に行えば、安全かつ効果的なビットコイン投資が可能です。

取引所が倒産した場合のビットコインの取り扱い

取引所が倒産すると、ビットコインを含むユーザーの資産に影響が出る可能性があります。取引所がユーザーの資産管理を担っているためです。ビットコインの不適切な管理により、以下のリスクが生じる可能性があります。

  • ビットコインの返還が遅れるリスク
  • ビットコインが全額返還されないリスク

リスク回避のために、ビットコインの保管方法を適切に選択しましょう。取引所のプラットフォーム上ではなく、オフラインの保管(コールドストレージ)がおすすめです。使用しないビットコインは、セキュリティが強固なウォレットに移動させるのが賢明です。

取引所の信頼性や財務状態も慎重に確認しましょう。取引所が提供する保険制度やユーザー保護策も、事前にチェックしておくべきです。事前の確認により、取引所が倒産してもビットコインを守れます。

まとめ

ビットコインの購入は多くのリスク(価格変動やセキュリティリスク、規制の変化など)を伴うため、十分な理解が必要です。取引所を選ぶ際は、以下の項目を比較し、最適な物を見つけましょう。

  • セキュリティ体制
  • 取引手数料
  • 出来高
  • ツールの使いやすさ

ビットコイン購入までのプロセスを把握する必要もあります。市場分析と自分の投資計画を踏まえ、購入タイミングや金額を決定することが求められます。

取引所の倒産リスクに備えて、信頼性の高い取引所やビットコインの適切な保管方法を選択するのが大切です。

暗号資産を購入するなら初心者にも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次