MENU

暗号資産のエアドロップとは?受け取り方と注意点を徹底解説

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

エアドロップ(Airdrop)は、特定の暗号資産やトークンを保有しているユーザーに対して、無料で新しいトークンを配布するプロモーション手法のことを指します。これは、プロジェクトが注目を集め、コミュニティを拡大し、トークンの普及を促進するために使われます。

こちらの記事では暗号資産のエアドロップの受け取り方や注意点を解説していきます。

目次

暗号資産のエアドロップとは

暗号資産のエアドロップとは、新しく発行されるトークンや既存のトークンが、プロモーション活動の一環として無料で配布されることを指しますこの方法は、特定のブロックチェーン上のトークンの普及を促進し、コミュニティの関与を深める効果があります。

例えば私の経験でいうと、リップル(XRP)を保有していた2022年に暗号資産取引所のビットバンクで「ある期日にリップルを(XRP)を保有していること」という条件を満たした結果、2023年にフレア(FLR)という暗号資産が無料で付与されました。

その他にも暗号資産関連の公式サイトでエアドロップが行われたり、キャンペーンに応募すると暗号資産が無料でもらえたりします。

エアドロップの受け取り方

エアドロップを受け取るには、特定の条件を満たす必要があります。多くの場合、特定の暗号資産を所有していること、特定のウォレットを使用していることなどが条件とされます。条件を満たしたユーザーは、指定された期間内にトークンを自動的に受け取ることができます。

エアドロップを受け取る方法は3つあります。

①暗号資産取引所で条件を満たして受け取る

②公式サイトで条件を満たして受け取る。

③キャンペーンで条件を満たして受け取る

一つ一つ見ていきましょう。

①暗号資産取引所で条件を満たして受け取る

暗号資産取引所で特定の暗号資産を保有していると、その暗号資産に関連した新たな暗号資産が付与されることがあります。

②公式サイトで条件を満たして受け取る。

暗号資産関連の公式ホームページからエアドロップが行われることがあります。ただしこの方法は詐欺がかなり多発しているので、注意が必要です。大抵の場合は「メールアドレス」の入力を求められることが多いので、信頼できるサイトかどうか見極めることが必要です。安易に手を出さない方が無難ですが、エアドロップに申し込む際は「適当なメールアドレス」(捨てアド)を作成して申し込めば、万が一詐欺であった場合に対処することができます。ただし、繰り返しになりますが、信頼できるかどうか少しでも怪しいと感じる場合は手を出さない方が無難です。

③キャンペーンで条件を満たして受け取る

様々なイベントやコミュニティの中でキャンペーンが行われることがありますので、条件を満たして応募すると、暗号資産がもらえたりします。

エアドロップの注意点

エアドロップを利用する際は、セキュリティ面に注意が必要です。不正なエアドロップによって個人情報が漏洩するリスクもありますので、参加する際は事前にプロジェクトの信頼性を確認し、安全な取引を心掛けることが重要です。

また、エアドロップには詐欺が多く、SNSのX(旧Twitter)では頻繁にエアドロップ詐欺が行われていますので、注意が必要です。

SNSでのエアドロップの誘いはほぼ詐欺だと思って間違いありません。

それよりも暗号資産取引所が行っている真っ当な方法でエアドロップを受け取るようにしましょう。

SNSではエアドロップ詐欺が横行しているので、注意が必要です。

まとめ

エアドロップには詐欺が多いため、初心者の場合はすべて詐欺だと疑って間違いではありません。

少しでも怪しいなと感じたら、絶対に反応してはいけません。

また、インフルエンサーの意見を鵜呑みにするのもオススメできません。投資は全て自己責任ですので、他人任せにするのではなく自分自身で情報を集めて自分の判断で行うようにしましょう。

暗号資産取引所でのエアドロップは唯一信用できるものなので、機会があればそちらを利用しましょう。

投資は自己責任のため、他人任せにしてはいけません。自分で情報収集をして自分の判断で行いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次