MENU

NFTはもうオワコンなのか?!現在の状況と将来性について解説。

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

  • NFTの現状は?
  • NFTがオワコンではない理由は?
  • 今後NFTはどうなっていくのか知りたい

NFTが登場してから数年が経ち、一時の熱狂が落ち着いた今、多くの人々が「NFTはもうオワコンなのか?」という疑問を抱いています。結論から言うとNFTは全くオワコンではありません。むしろ今後さらに栄えていく分野だと思います。

この記事では「NFTの現状」と「NFTがオワコンではない理由」、「今後NFTはどうなっていくのか」ということを解説していきます。最後まで読めば、NFTがオワコンではないということが分かるでしょう。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。初心者の方がイーサリアムを購入するには取引操作が簡単なコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

目次

NFTはオワコンなのか?NFTの現状

NFT市場が登場して以来、多くのアート作品やデジタル資産がトークン化され、大きな話題を呼びました。しかし、過熱した市場が冷めるにつれて、「NFTはオワコンなのか?」という疑問が持ち上がっています。

NFT市場の現状とその問題点

NFT(Non-Fungible Token)は2021年に一気に市場が拡大しましたが、その後の急速な市場の冷却が見られたことから、一部ではオワコンとの声も出ています。市場の熱狂の中で多数のプロジェクトが生まれ、高額で取引される作品も現れましたが、一方でバブル的な側面も無視できません。投機的な動きが目立ち、本質的な価値を見極めにくい状況が続いています。

加えて、環境負荷問題も指摘されており、消費するエネルギー量が非常に多いため、サステナビリティの観点から批判されるケースも増えています。これらの問題が市場に対する一般の信頼を否定的にしている面は否めません。

NFTには批判の声も上がっているのが現状です。

NFTがオワコンではない理由

NFTが抱える課題は多いものの、それを取り巻く環境は日々進化しており、まだまだ可能性を秘めています。

NFTの潜在的な可能性と進化

NFTがオワコンではない主要な理由は、その技術的な進歩と応用の可能性が広がりを見せているからです。例えば、デジタルアートだけでなく、音楽、ファッション、ゲームなど多岐にわたる分野での応用が進んでいます。NFTは単なるアートのコレクションだけではなく、バーチャルリアリティ(VR)や拡張現実(AR)等の新技術と連携し、新たなユーザーエクスペリエンスを提供する基盤となり得ます。

さらに、ブロックチェーン技術の進化が、NFTの持つ問題点、特に環境への影響を減少させる方向で進んでいます。エネルギー消費を抑える効率的なアルゴリズムへの移行や、よりセキュリティが高く持続可能なNFTエコシステムの構築が進められており、これらが市場の新たな信頼を築く手助けとなっています。

NFTの持つ問題点は解決の方向に進んでいます。まだまだ可能性を秘めた分野なので今後の動向に注目です

NFTは今後どうなるのか?人気が再燃する可能性も!

市場の変動や技術の進化を経て、NFTは次なるステージに向かっている可能性があります。

NFT市場の将来展望と新たな動向

現在の市場冷却期を経て、NFTは今後どのように進化すべきかが重要なテーマとなっています。市場の質的成熟や、さらなるテクノロジーの進化が期待されています。特に、NFTの「ユーティリティ性」を重視したプロジェクトが注目されており、実用性と結びついたNFTは再び市場に新しい活気をもたらすかもしれません。


また、国際的な規制や法律の整備が進む中で、NFT市場はより透明性が高く、信頼性のあるものへと変わっていくでしょう。消費者保護を考慮した規制が、投資家やクリエーターにとって安心して取引できる環境を提供する可能性があります。これらの動向は、NFT市場の健全な発展と、さらなる人気の再燃に繋がるかも知れません。

NFTとは?

NFTとはNon-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略で「代替不可能なトークン」という意味です。代替不可能とは「代わりがきかないオリジナル」ということです。

通常のデジタルデータはいくらでも複製可能なため、元データ自体にどれだけの価値があるのかは不明確です。しかしデジタルデータをNFT化することにより、「唯一無二のもの」となり、その価値が明確になるのです。

NFTとはデジタルデータを「唯一無二のもの」にする画期的な技術です。

トークンとは他の暗号資産のブロックチェーン上で動作する暗号資産のことです。例えばNFTは主にイーサリアムのブロックチェーン上で動作する暗号資産になります。

NFTとイーサリアムの関係

NFTが主にイーサリアムのブロックチェーン上で動作する暗号資産とはどういう意味でしょうか?

結論から言うと、NFTはイーサリアムのブロックチェーンの特徴を利用して動作する暗号資産です。イーサリアムの技術を活用しているため、NFTの取引にはイーサリアムが利用されます。

詳しく解説していきます。

まずはブロックチェーンの説明から始めましょう。

ブロックチェーンとは暗号資産独自のシステムで、暗号資産の取引が行われるたびに、インターネット上にブロックが生成され、取引が記録されます。一つのブロックに取引記録が一杯になったら、新たなブロックが生成され、ブロック同士は鎖のような物でつながります。これがブロックチェーン技術です。

暗号資産はブロックチェーン技術を採用することにより、金融機関のような中央管理者が不要になり、暗号資産の参加者全員で取引を監理する仕組になっているため、法定通貨よりも自由度の高い通貨となっています。

このブロックチェーンは暗号資産ごとに特徴があり、イーサリアムにはスマートコントラクトという「自動契約機能」が搭載されています。この自動契約機能は一つの動作が行われた場合に、自動で別の動作が行われることです。

NFTでは作品を販売したときに制作者に利益が出るのはもちろんですが、このスマートコントラクト機能を利用すると、作品が転売されたときに、転売した人だけではなく、元々の制作者本人にも利益が入る仕組になっています。

スマートコントラクト機能

※NFTの場合 自身が制作したNFTが売れる→転売される(一つの動作が行われる)→NFTを制作した人に利益が入る(自動で別の動作が行われる)

このようにNFTとイーサリアムはとても相性がいいのです。

NFTはイーサリアムのブロックチェーンの特徴を利用して動作する暗号資産です。イーサリアムの技術を活用しているため、NFTの取引にはイーサリアムが利用されます。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。初心者の方がイーサリアムを購入するには取引操作が簡単なコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

NFTを買うためのオススメの暗号資産取引所

NFTを買うには暗号資産取引所でイーサリアムなどの暗号資産を購入しなければなりません。NFTは主にイーサリアムで出品されていますが、ビットコインやリップルなどの暗号資産で出品されている場合もあります。

ここでは主な支払い手段のイーサリアムを購入する上でオススメの暗号資産取引所を一覧にしています。

【イーサリアム(ETH)の取引手数料】

CoincheckbitbankGMOコインSBI VCトレード
取引所手数料取引所手数料取引所手数料取引所手数料
 ETHの
 取扱いなし
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料販売所手数料販売所手数料販売所手数料
スプレッドスプレッドスプレッドスプレッド
送金手数料送金手数料送金手数料送金手数料
0.005ETH0.005ETH無料無料
bitFlyerBIT POINTLINE BITMAXDMM Bitcoin
Lightning
現物取引手数料
取引所手数料信用取引手数料BitMatch
取引手数料
約定数量
× 0.01 ~ 0.15%
無料スプレッド0.01ETHあたり
27円
販売所手数料販売所手数料販売所手数料販売所手数料
スプレッドスプレッドスプレッドスプレッド
送金手数料送金手数料送金手数料送金手数料
無料無料0.005ETH無料

イーサリアムを購入するのにオススメの暗号資産取引所4社の比較

暗号資産取引所の4社の特徴

取引所特徴
コインチェック初心者でも簡単に操作ができます。
500円相当額以上からイーサリアムの購入が可能です。
ビットバンク販売所で取り扱っている全ての通貨が板取引可能です。
板取引できる銘柄も多いので中級者以上の方にもオススメです。
ビットポイント取引所で取り扱っているすべての通貨の取引手数料が無料です。
コストを抑えて取引を行いたい方にオススメです。
GMOコインレバレッジ取引が可能なため、利用資産を超えた取引が可能です。
また暗号資産FXも行っているため、取引に慣れた中級者以上の方にオススメです。

コインチェック

コインチェック
名称コインチェック
取扱銘柄販売所29種類・取引所8種類
手数料(ETH/JPY) :販売所 スプレッド
(ETH/JPY) :取引所 ETH(イーサリアム)の取扱いなし
最小取引単位(ETH/JPY) : 販売所【目安】500円(相当額)以上から
(ETH/JPY) :取引所 ETH(イーサリアム)の取扱いなし
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/

コインチェックでは初心者の方でも簡単に取引が行えます。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

ビットバンク

bitbank
名称ビットバンク
取扱銘柄販売所37種類・取引所37種類
手数料(ETH/JPY) :販売所 スプレッド
(ETH/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
最小取引単位(ETH/JPY) :販売所 0.00000001 ETH
(ETH/JPY) :取引所 0.0001 ETH
公式サイトhttps://bitbank.cc/

ビットバンクは板取引が可能な銘柄が多く、中級者以上の方にもおススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

ビットポイント

名称ビットポイント
取扱銘柄販売所21種類・取引所11種類
手数料(ETH/JPY) :販売所 スプレッド
(ETH/JPY) :取引所 無料
最小取引単位(ETH/JPY) :販売所 買注文が500円以上、売注文は0.00000001ETH以上
(ETH/JPY) :取引所 0.0001ETH
公式サイトhttps://www.bitpoint.co.jp/

ビットポイントは取引所取扱通貨すべての取引手数料が無料です。ビットポイントには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

GMOコイン

名称GMOコイン
取扱銘柄販売所21種類・取引所23種類
手数料(ETH/JPY) :販売所 スプレッド
(ETH/JPY) :取引所 Maker:-0.01% Taker:0.05%
最小取引単位(ETH/JPY) :販売所 0.0001 ETH
(ETH/JPY) :取引所 0.0001 ETH
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/

GMOコインはレバレッジ取引や暗号資産FXが利用できるため、中級者以上の方におススメです。GMOコインには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

取引所4社の手数料の比較

スクロールできます
取引所手数料 最小取引単位
コインチェック
(ETH/JPY) :販売所 スプレッド
(ETH/JPY) :取引所 ETH(イーサリアム)の取扱いなし
(ETH/JPY) : 販売所【目安】500円(相当額)以上から
(ETH/JPY) :取引所 ETH(イーサリアム)の取扱いなし
ビットバンク(ETH/JPY) :販売所 スプレッド
(ETH/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
(ETH/JPY) :販売所 0.00000001 ETH
(ETH/JPY) :取引所 0.0001 ETH
ビットポイント(ETH/JPY) :販売所 スプレッド
(ETH/JPY) :取引所 無料
(ETH/JPY) :販売所 買注文が500円以上、売注文は0.00000001ETH以上
(ETH/JPY) :取引所 0.0001ETH
GMOコイン(ETH/JPY) :販売所 スプレッド
(ETH/JPY) :取引所 Maker:-0.01% Taker:0.05%
(ETH/JPY) :販売所 0.0001 ETH
(ETH/JPY) :取引所 0.0001 ETH

まとめ

NFTは急速な市場の冷却が見られたことから、一部ではオワコンとの声も出ています。さらに環境負荷問題も指摘されており、消費するエネルギー量が非常に多いため、サステナビリティの観点から批判されるケースも増えています。

しかしNFTは単なるアートのコレクションだけではなく、バーチャルリアリティ(VR)や拡張現実(AR)等の新技術と連携し、新たなユーザーエクスペリエンスを提供する基盤となり得ます。

さらに、ブロックチェーン技術の進化が、NFTの持つ問題点、特に環境への影響を減少させる方向で進んでいます。エネルギー消費を抑える効率的なアルゴリズムへの移行や、よりセキュリティが高く持続可能なNFTエコシステムの構築が進められており、これらが市場の新たな信頼を築く手助けとなっています。

  • NFTは環境負荷問題も抱えていますが、ブロックチェーン技術の進化により問題解決の方向に進んでいます。
  • NFTはアートだけではなく、音楽、ファッション、ゲームなど様々な分野で活用されています。
  • NFTはオワコンだという声もありますが、依然可能性があり今後の動向を注目する価値のある分野です。

今後NFTは国際的な規制や法律の整備が進む中で、NFT市場はより透明性が高く、信頼性のあるものへと変わっていくでしょう

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。初心者の方がイーサリアムを購入するには取引操作が簡単なコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次