MENU

暗号資産の板取引とは何か?販売所と取引所の違いとメリット・デメリットをわかりやすく解説

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

暗号資産を購入するには2つの方法があるのをご存じでしょうか?

1つは販売所での取引、もう1つは取引所での取引です。

取引所での取引を板取引と言います。

板取引はユーザー同士で取引を行うため、販売所と比較して圧倒的に手数料が安いです。

この記事では「板取引とは何か」ということと、「販売所と取引所の違い」をわかりやすく解説していきます。

暗号資産の板取引を行うなら、取扱銘柄全てが板取引可能なビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

目次

暗号資産の板取引とは何か?

板取引とは指値注文、成行注文、逆指値注文の3通りの方法が可能です。

成行注文とは

数量のみを指定して注文することを成行注文と言います。成行注文した場合、すぐに取引が完了するというメリットの反面、希望する価格で取引されるのは難しいというデメリットがあります。暗号資産は一瞬で価格が上下する可能性もあるので、取引方法としては少し怖い側面があります。

指値注文とは

指値注文とは価格と数量を指定して注文することです。自分の希望する価格で取引ができるというメリットの反面、希望価格にならないと取引が成立しないというデメリットがあります。

逆指値注文とは

逆指値注文とは高値で買いを入れて、安値で売りを入れることです。具体的に言うと、希望する価格以上に値上がりしたら買い注文が完了するように、反対に指定する価格以下に値下がりしたら売り注文が完了するように注文することです。

板取引は個人間で売り手と買い手が価格を合意して取引を行うことで、取引手数料が安くすみます。

暗号資産の板取引を行うなら、取扱銘柄全てが板取引可能なビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

販売所と取引所の違い

特徴手数料
販売所販売所が決めた価格で取引が行われる 取引手数料が無料(ただしスプレッドが高い)
取引所ユーザー同士の希望価格で取引が行われる販売所と比較すると圧倒的に手数料が安い

販売所と取引所のメリットとデメリット

販売所で取引するメリット

販売所での取引は成行注文になりますので、注文後すぐに取引が完了します。

またワンタッチで取引が完了するため、操作が簡単です。

購入も売却もワンタッチで取引が完了するため、初心者の方や、価格の上下の可能性やスプレッドを差し引いても、すぐに取引したい場合に有効です。

販売所を利用するのにお勧めの方                                 ①初心者の方価格が急上昇・急降下しているときに、すぐに取引を完了させたい

販売所で取引するデメリット

なんと言ってもスプレッドが高いです。

販売所での取引はスプレッドと言われる手数料が発生します。

スプレッドとは?

売値と買値の価格の差を表す言葉として使われています。スプレッドは日々刻々と変化します。

スプレッドがかかると思いのほか金額に差が出るので、初心者の方は驚くかもしれません。

例えばある通貨を100円で買い注文した場合に、価格が110円になると言うことはざらにあります。

逆に100円で売り注文をした場合も、90円で約定してしまったりします。

初めて販売所で取引する際は、少額で取引しましょう。

ただし取引方法が簡単なので初心者の方はまずは販売所で取引することをオススメします。

取引所で取引するメリット

取引所では板取引と言われる指値注文、成行注文、逆指値注文の3通りの方法が可能です。

板取引はユーザー同士が直接取引を行うため、手数料が安くすみます。

取引所での取引は注文の操作が少し複雑になりますが、慣れれば特に問題はありません。

取引所で取引できる銘柄がある場合は「取引所」での取引一択になりますので、早めに取引に慣れることをオススメします。

もちろん初めての取引で取引所を使用しても問題ありません。

ただし、初めて取引所で取引する場合は間違えて注文してしまう可能性もあるので、やはり少額の取引を行い、徐々に慣れていくことをオススメします。

取引所を利用するのにお勧めの方                                 ①暗号資産中級者以上の方②自分の希望価格で取引を行いたい方

取引所で取引するデメリット

取引所での取引は注文の操作に時間がかかります。

また、指値注文・逆指値注文をした場合は、取引自体が成立しないこともあります。

暗号資産の板取引を行うなら、取扱銘柄全てが板取引可能なビットバンクがオススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

板取引を行う場合にオススメの暗号資産取引所

板取引を行う場合にオススメの暗号資産取引所が4つあります。

オススメの暗号資産取引所4社の特徴

取引所特徴
コインチェック初心者でも簡単に操作ができます。
取引所のビットコイン取引手数料が無料のためお得に利用できます。
ビットバンク販売所で取り扱っている全ての通貨が板取引可能です。
板取引できる銘柄も多いので中級者以上の方にもオススメです。
ビットポイント取引所で取り扱っているすべての通貨の取引手数料が無料です。
コストを抑えて取引を行いたい方にオススメです。
GMOコインレバレッジ取引が可能なため、利用資産を超えた取引が可能です。
また暗号資産FXも行っているため、取引に慣れた中級者以上の方にオススメです。

コインチェック

コインチェック
名称コインチェック
取扱銘柄販売所29種類・取引所8種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド0.1〜5.0% 
(BTC/JPY) :取引所 無料
最小取引単位(BTC/JPY) : 0.005 BTC以上 かつ 500円(相当額)以上から
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/

コインチェックでは初心者の方でも簡単に取引が行えます。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓

【広告】

ビットバンク

bitbank
名称ビットバンク
取扱銘柄販売所37種類・取引所37種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
最小取引単位(BTC/JPY) :販売所 0.00000001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC
公式サイトhttps://bitbank.cc/

ビットバンクは板取引が可能な銘柄が多く、中級者以上の方にもおススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

ビットポイント

名称ビットポイント
取扱銘柄販売所21種類・取引所11種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 無料
最小取引単位(BTC/JPY) :販売所 買注文が500円以上、売注文は0.00000001BTC以上
(BTC/JPY) :取引所 0.0001BTC
公式サイトhttps://www.bitpoint.co.jp/

ビットポイントは取引所取扱通貨すべての取引手数料が無料です。ビットポイントには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

GMOコイン

名称GMOコイン
取扱銘柄販売所21種類・取引所23種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 Maker:-0.01% Taker:0.05%
最小取引単位(BTC/JPY) :販売所 0.00001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/

GMOコインはレバレッジ取引や暗号資産FXが利用できるため、中級者以上の方におススメです。GMOコインには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

取引所4社の手数料の比較

スクロールできます
取引所手数料 最小取引単位
コインチェック
(BTC/JPY) :販売所 スプレッド0.1〜5.0% 
(BTC/JPY) :取引所 無料
(BTC/JPY) :販売所 0.005 BTC以上 かつ 500円(相当額)以上から
(BTC/JPY) :取引所 0.005 BTC以上 かつ 500円(相当額)以上から
ビットバンク(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
(BTC/JPY) :販売所 0.00000001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC
ビットポイント(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 無料
(BTC/JPY) :販売所 買注文が500円以上、売注文は0.00000001BTC以上
(BTC/JPY) :取引所 0.0001BTC
GMOコイン(BTC/JPY) :販売所 スプレッド0.1〜5.0% 
(BTC/JPY) :取引所 Maker:-0.01% Taker:0.05%
(BTC/JPY) :販売所 0.00001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC

ビットバンクで板取引を行う方法

ここではtkが最もオススメするビットバンクで板取引を行う方法を解説します。

ビットバンクの口座開設方法はこちらで解説しています。↓

ビットバンクでフレア(FLR)を購入してみましょう!

①ビットバンクにログインする。

②取引所のFLR/JPYを選択

③指値価格と数量を入力し、「注文」をクリック

④取引が成立すれば購入完了

暗号資産の板取引を行うならビットバンクがオススメです。ビットバンクでは取扱銘柄全てが板取引可能です。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

まとめ

・板取引は指値注文、成行注文、逆指値注文の3通りの方法が可能です。

・板取引が可能な銘柄がある場合は、特別な事情がない場合は板取引一択になります。

・販売所での取引にもメリットがありますので、状況に応じた適切な取引を行いましょう。

暗号資産の板取引を行うならビットバンクがオススメです。ビットバンクでは取扱銘柄全てが板取引可能です。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次