MENU

ビットコイン(BTC)の半減期とは?4回目の半減期でもビットコインの価格は上昇するのか?

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

ビットコインは過去に3回「半減期」という現象が起こっており、3回とも半減期前のビットコインの価格が半減期から1年間の間に大きく上昇しています。

tkは4回目の半減期が2024年の4月に迎えると予測しており、4回目の半減期以降にもビットコインの価格が大きく上昇することが期待されます。

ビットコインは、半減期以降に100%価格が上昇するとは限りません。ただし過去3回の半減期では半減期前のビットコインの価格が、半減期以降1年間の間に大きく上昇しています。

こちらの記事では「半減期とは何か」ということと、「半減期以降にビットコインの価格が上昇するのか」ということを初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

●この記事から分かること

  • ビットコインの半減期とは何か?
  • ビットコインの半減期では価格が上昇するのか?

ビットコインを購入するには、初心者でも簡単に取引ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料 /

目次

ビットコインの半減期とは?

ビットコインの半減期とは何でしょうか?

ビットコインの半減期とは2009年にビットコインが誕生してから大体4年に1回のペースで訪れ、ビットコインの取引が行われた際にマイニングを行ったマイナーに対して支払われる報酬(BTC)が半分になるというものです。

ビットコインは発行量の上限が2100万枚と決まっていて、発行が終了するのは2140年と予想されています。発行が終了するまでマイニングが行われるため半減期もあと数回は訪れます。

過去のデータを見ると半減期の前後はビットコインの価格が大きく上下しています。ビットコインの供給量が下がることで価格が上がるようです。

ビットコインで投資をしている人はこの半減期を見逃さずに積極的に投資をしています!

次の半減期は2024年の4月と予想しています。2024年3月6日現在はビットコインが高値を付けているため、買うタイミングが非常に難しいです。半減期を迎えると事実売りがあり、価格が大きく下落する可能性もありますので、まだビットコインを持っていない人や、利益確定でビットコインを手放してしまった人も、いいタイミングでエントリーしたいところです。

もちろん100%価格が上がるわけではありませんし、半減期前後は価格の変動が大きくなることもあります。仕込みをしている人、仕込みをしようとしている人は、毎日の価格変動を確認した方がいいでしょう。

ビットコインは半減期から1年間の間に価格のピークを迎えると予測していますので、ベストのタイミングで利確したいものです。

ビットコインについてはこちらの記事で詳しく解説しています。↓

過去3回の半減期の結果毎回1BTCの価格は上昇している!

過去に3回半減期がありましたが、それぞれの時期にビットコインの価格はどうなったでしょうか。

ビットコインが誕生した2009年にはマイニング報酬が50BTCでした。

それが最初の半減期の2012年に25BTCになり、2回目の半減期の2016年に12.5BTC、3回目の半減期の2020年に6.25BTCになりました。

4回の半減期と予想される2024年にはマイニング報酬は3.125BTCになります。

ビットコインの半減期はマイニング報酬が半分になる現象です。過去のデータによるとマイニング報酬が半分になり供給量が減少すると、ビットコインの価格が上昇しています。

半減期後のピークの価格はいくらになったのか?

次の表は半減期後にピークを迎えた日と、ピーク時のビットコインの価格です。】

1回目半減期(2012年11月28日)
1BTC=約10ドル
半減期から約1年後(2013年12月)
1BTC=約1,200ドル
2回目半減期(2016年7月9日)
1BTC=約700ドル
半減期から約1年5ヶ月後(2017年12月)
1BTC=約20,000ドル
3回目半減期(2020年5月11日)
1BTC=約10,000ドル
半減期から約11ヶ月後(2021年4月14日)
1BTC=約69,000ドル

2012年11月28日に発生した最初の半減期では1BTC=約10ドルだったのが、2013年12月に1BTC=約1,200ドルになりました。このときはビットコインの認知度が低かったため高騰したのは半減期が原因ではなく、他の様々な出来事の結果であると考えられています。

2016年7月9日に発生した2回目の半減期では1BTC=約700ドルでしたが、 2017年12月には1BTC=約20,000ドルにまで高騰しています。

2020年5月11日に発生した3回目の半減期では1BTC=約10,000ドルでしたが、2021年4月14日には1BTC=約69,000ドルに高騰しました。

過去の3回の半減期の結果、ビットコインの価格は上昇しています!

半減期の結果必ず上昇するわけではないが期待は大きい

2024年に4回目の半減期が発生すると予想されますが、必ず価格が上昇するというわけではありません。

あくまで過去のデータでは半減期に向かってビットコインの価格が上昇し、すべての半減期のおよそ1年間の間にビットコインの価格が高騰しています。

過去の3回の半減期では、ビットコインの価格が最高値に達するのは半減期の約1年後!

しかし、これはその時々で発生した様々な出来事の結果もあり、半減期が絶対の原因と言うにはエビデンスとしては納得性が乏しいという印象もあります。

ただし、ビットコインで大きく利益を出すチャンスでもありますので、資金に余裕がある方は積極的に投資を始めてもいいでしょう。

半減期によって100%ビットコインの価格が上昇するわけではありませんので、必ずご自身で情報を調べて、納得のうえ投資しましょう!

ビットコインを買うなら初心者の方でも簡単に取引ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます↓【広告】

\取引所でのビットコイン取引手数料が無料/

ビットコインを購入するのにお勧めの暗号資産取引所

ここではビットコインを購入するのにお勧めの暗号資産取引所を紹介します。それぞれの特徴を見ていきましょう。

暗号資産取引所の4社の特徴

取引所特徴
コインチェック初心者でも簡単に操作ができます。
取引所のビットコイン取引手数料が無料のためお得に利用できます。
ビットバンク販売所で取り扱っている全ての通貨が板取引可能です。
板取引できる銘柄も多いので中級者以上の方にもオススメです。
ビットポイント取引所で取り扱っているすべての通貨の取引手数料が無料です。
コストを抑えて取引を行いたい方にオススメです。
GMOコインレバレッジ取引が可能なため、利用資産を超えた取引が可能です。
また暗号資産FXも行っているため、取引に慣れた中級者以上の方にオススメです。

コインチェック

コインチェック
名称コインチェック
取扱銘柄販売所29種類・取引所8種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド0.1〜5.0% 
(BTC/JPY) :取引所 無料
最小取引単位(BTC/JPY) : 0.005 BTC以上 かつ 500円(相当額)以上から
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/

コインチェックでは初心者の方でも簡単に取引が行えます。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料 /

ビットバンク

bitbank
名称ビットバンク
取扱銘柄販売所37種類・取引所37種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
最小取引単位(BTC/JPY) :販売所 0.00000001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC
公式サイトhttps://bitbank.cc/

ビットバンクは板取引が可能な銘柄が多く、中級者以上の方にもおススメです。ビットバンクには以下から簡単に口座開設できます。↓

ビットポイント

名称ビットポイント
取扱銘柄販売所21種類・取引所11種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 無料
最小取引単位(BTC/JPY) :販売所 買注文が500円以上、売注文は0.00000001BTC以上
(BTC/JPY) :取引所 0.0001BTC
公式サイトhttps://www.bitpoint.co.jp/

ビットポイントは取引所取扱通貨すべての取引手数料が無料です。ビットポイントには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

\ 今なら最大2,000円相当のビットコインをプレゼント /

GMOコイン

名称GMOコイン
取扱銘柄販売所21種類・取引所23種類
手数料(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 Maker:-0.01% Taker:0.05%
最小取引単位(BTC/JPY) :販売所 0.00001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/

GMOコインはレバレッジ取引や暗号資産FXが利用できるため、中級者以上の方におススメです。GMOコインには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

取引所4社の手数料の比較

スクロールできます
取引所手数料 最小取引単位
コインチェック
(BTC/JPY) :販売所 スプレッド0.1〜5.0% 
(BTC/JPY) :取引所 無料
(BTC/JPY) :販売所 0.005 BTC以上 かつ 500円(相当額)以上から
(BTC/JPY) :取引所 0.005 BTC以上 かつ 500円(相当額)以上から
ビットバンク(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 Maker -0.02% Taker 0.12%
(BTC/JPY) :販売所 0.00000001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC
ビットポイント(BTC/JPY) :販売所 スプレッド
(BTC/JPY) :取引所 無料
(BTC/JPY) :販売所 買注文が500円以上、売注文は0.00000001BTC以上
(BTC/JPY) :取引所 0.0001BTC
GMOコイン(BTC/JPY) :販売所 スプレッド0.1〜5.0% 
(BTC/JPY) :取引所 Maker:-0.01% Taker:0.05%
(BTC/JPY) :販売所 0.00001 BTC
(BTC/JPY) :取引所 0.0001 BTC

初めてビットコインを購入する方には、初心者方でも簡単に取引ができるコインチェックがオススメです。

こちらの記事では「コインチェックの評判」について解説しています。↓

まとめ

・半減期に向けた仕込みは2024年3月6日現在非常に難しい状態です。半減期を迎えると事実売りがありビットコインの価格が大きく下落する可能性もありますので、いいタイミングで購入しましょう。

・ビットコインで利益を出す確率を上げるには半減期を狙うことがオススメです。

・ビットコインの価格が半減期以降ピークに達するのは半減期から1年間の間と予測しています。

ビットコインを買うなら初心者の方でも簡単に取引ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます↓【広告】

\ 取引所でのビットコイン取引手数料が無料 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次