MENU

NFTとメタバースは相性抜群!2つの関係をわかりやすく解説

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

NFTとメタバースの融合は、デジタル革命の新たな局面を切り開いています。NFTはデジタルアセットの所有権をブロックチェーン上で確立し、メタバース内での取引を可能にします。

この結びつきは、仮想空間での経済活動やコミュニティの発展を促進し、唯一無二の価値を持つデジタルアイテムが新たな展開を見せることを予感させます。

こちらの記事では「NFTとメタバースの関係」をわかりやすく解説していきます。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。初心者の方がイーサリアムを購入するには取引操作が簡単なコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

目次

NFTとは

NFTとはNon-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略で「代替不可能なトークン」という意味です。

代替不可能とは「代わりがきかないオリジナル」ということです。

通常のデジタルデータはいくらでも複製可能なため、元データ自体にどれだけの価値があるのかは不明確です。

しかしデジタルデータをNFT化することにより、「唯一無二のもの」となり、その価値が明確になるのです。

NFTとはデジタルデータを「唯一無二のもの」にする画期的な技術です。

トークンとは他の暗号資産のブロックチェーン上で動作する暗号資産のことです。

例えばNFTは主にイーサリアムのブロックチェーン上で動作する暗号資産になります。

NFTが主にイーサリアムのブロックチェーン上で動作する暗号資産とはどういう意味でしょうか?

結論から言うと、NFTはイーサリアムのブロックチェーンの特徴を利用して動作する暗号資産です。イーサリアムの技術を活用しているため、NFTの取引にはイーサリアムが利用されます。

詳しく解説していきます。

まずはブロックチェーンの説明から始めましょう。

ブロックチェーンとは暗号資産独自のシステムで、暗号資産の取引が行われるたびに、インターネット上にブロックが生成され、取引が記録されます。

一つのブロックに取引記録が一杯になったら、新たなブロックが生成され、ブロック同士は鎖のような物でつながります。

これがブロックチェーン技術です。

暗号資産はブロックチェーン技術を採用することにより、金融機関のような中央管理者が不要になり、暗号資産の参加者全員で取引を監理する仕組になっているため、法定通貨よりも自由度の高い通貨となっています。

このブロックチェーンは暗号資産ごとに特徴があり、イーサリアムにはスマートコントラクトという「自動契約機能」が搭載されています。

この自動契約機能は一つの動作が行われた場合に、自動で別の動作が行われることです。

NFTでは作品を販売したときに制作者に利益が出るのはもちろんですが、このスマートコントラクト機能を利用すると、作品が転売されたときに、転売した人だけではなく、元々の制作者本人にも利益が入る仕組になっています。

スマートコントラクト機能

※NFTの場合 自身が制作したNFTが売れる→転売される(一つの動作が行われる)→NFTを制作した人に利益が入る(自動で別の動作が行われる)

このようにNFTとイーサリアムはとても相性がいいのです。

メタバースとは

メタバースは、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などの技術を用いて構築された仮想の世界や空間です。これは、現実の物理的な世界とは異なり、ユーザーが仮想的なアバターを使って参加し、相互作用することができる環境です。

メタバースでは、リアルな空間を模倣し、その中で様々な活動が行われることがあります。これには、ソーシャルイベント、ビジネスミーティング、アート展示、ゲームプレイなどが含まれます。

NFTとメタバースの関係

  • NFTはメタバース内でデジタルアセットの所有権を確立し、ユーザーがメタバース内でこれらのアセットを活用できるようにします。例えば、メタバース内での土地や建物、仮想的なアイテム、アート作品などがNFTとして取引されることがあります。
  • メタバース内でのデジタルアセットがNFTとして表現されることで、それらのアセットがブロックチェーン上で一意であることが保証され、所有者がそのアセットを他のメタバースやプラットフォームに持ち込むことも可能になります。
  • NFTはメタバース内でのデジタルアセットの取引を容易にし、デジタルコンテンツの所有権を透明かつ分散的に確立する手段として、メタバースとの結びつきを強化しています。

メタバースで繰り広げられる世界

NFTとメタバースは非常に相性がいいと言われています。その理由はメタバースの世界では経済活動が行われているからです。上述の通りメタバースとはインターネット上の仮想空間のことで、その世界ではアバターと呼ばれるキャラクターが生活しています。

アバターはメタバースの中で買い物をしたり、購入した商品を身につけたり、お金を稼ぐこともできます。同じメタバースで生活しているもの同士でコミュニケーションをとることも可能です。

任天堂から販売されている「あつまれ動物の森」はメタバースの代表例の1つです。

出典:あつまれどうぶつの森公式サイト

NFTは唯一無二の価値を持っているため、メタバースの中で手に入れたNFTは真に価値のある物として取り扱われます。

現在大手企業もメタバースの中に店を構え、NFTの商品を販売しています。

買い手のプレイヤーも購入した物がそのまま価値として残るため、メタバースで取り扱われるものをNFTとして制作・販売することは販売者視点で考えても、購入者視点で考えてもとても相性がいいのです。

NFTとメタバースは相性が抜群!

まとめ

NFTとメタバースの関係は、デジタルアセットの所有権を確立し、取引を容易にすることで、非常に相性が良いとされています。

NFTは、イーサリアムのブロックチェーン技術を活用して、デジタルデータを唯一無二のものに変える画期的な技術であり、その特性を活かしてメタバース内でのアセットの取引を可能にしています。

メタバースでは、仮想空間内で経済活動が行われ、アバターが生活しており、その中でNFTは唯一無二の価値を持つため、真に価値のあるものとして取り扱われます。

大手企業もメタバース内に店を構え、NFTの商品を販売しており、販売者と購入者の両方にとって非常に相性の良い取引手段となっています。

NFTを購入するにはイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。初心者の方がイーサリアムを購入するには取引操作が簡単なコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次