MENU

【初心者向け】NFTとは?初めてNFTを買うならCoincheck NFTがオススメ!買い方・始め方を解説!

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

うさぎ

NFTって何?

tk(ティーケー)

わかりやすく言うと「代わりのきかないデジタルデータ」です。

デジタルデータはいくらでも複製可能なため、本当に価値のある物か疑問符が付きます。しかしデジタルデータをNFT化することにより「唯一無二のもの」になり、その価値が確かだと証明されるのです。

NFTはいわばデジタルデータの革命であり、今後益々栄えていく分野でしょう。

この記事では「NFTとは何か」ということと、実際に「Coincheck NFTでNFTを購入する手順」を解説していきます。

暗号資産を購入するには初心者でも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

目次

NFTとは?

NFTとはNon-Fungible Tokenの略で「代替不可能なトークン」という意味です。代替不可能とはわかりやすく言うと代わりのきかないオリジナルということです。トークンとは他の暗号資産のブロックチェーン上で動作する特定の暗号資産のことです。例えばNFTは主にイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で動作する暗号資産です。

NFTとしてデータ化されたツイッター創業者のジャック・ドーシーの最初のツイッターの投稿は、何と約3億1600万円で取引されました。

また、NFTアートの世界ではデジタル・アーティストのBeepleの作品が約75億円で取引されました。

出典:CHRISTIE’S公式サイト

他にも億単位で取引されたNFTは数多くあり、世界的に注目されています。

NFTは誰でも参入できる業界なので自分が作った作品が高値で取引されると考えると夢が膨らみますよね。

日本では小学生が制作したNFTアートが数百万円で取引されたというニュースをテレビで見た方も多いでしょう。

NFTはアート以外にも、ゲームやトレーディングカードなど、様々な分野で活用されています。

例えばNFTゲームをプレイすることでお金を稼いで生活している人もいますし、メタバースと言われる仮想空間の中では企業が店を構えてNFT化された商品を販売し、アバターと呼ばれる自分の分身が生活を送っています。

今後はNFTの市場が益々発展していくでしょう。

NFTで何ができるのか?NFTの活用方法

NFTはその特性を活かした活用方法があります。ここでは主な活用方法を3つ紹介します。

  1. NFTをコレクションする
  2. NFTを投資の対象にする
  3. NFTを制作し、販売する

一つ一つ解説していきます。

NFTをコレクションする

NFTは「唯一無二のもの」という特徴を持っているため、NFTを所有した人は世界でただ一つの物を手に入れたことになります。そのためコレクションする人も多いでしょう。

NFTはデジタルデータのため、データを活用しても劣化することがありません。NFTはX(エックス)やInstagram(インスグラム)などのSNSのアイコンすることもできます。他人とかぶることがないため、私もNFTをXのアイコンにしています。

NFTを投資の対象にする

NFTは投資の対象としても有効です。海外ではクリプトパンクスが有名です。クリプトパンクスでは一つの作品が数千円から数億円で取引されています。国内で有名なのはクリプトニンジャシリーズです。クリプトニンジャシリーズは価格がピンキリですが、現在は数千円から数百万円で取引されています。

国内のNFTコレクションのクリプトニンジャシリーズで注目したいところがあります。CryptoNinjaNFT#001の刃(Jin)が2021年9月22日に一次流通された際は0.666 WETH(約22万円)で取引されていますが、2021年10月1日にOpenSeaで12.3ETH(約418万円)で転売されました。約1週間でその価値が20倍ほど高騰しているのです。

出典:OpenSea公式サイト

CryptoNinjaNFTを手に入れた人は、簡単にはコレクションを手放しませんので、頻繁に二次流通されるわけではありません。

クリプトニンジャシリーズの例もありますので、価値が上がりそうなNFTに投資をするのはとても有効です。

NFTを制作し、販売する

NFTは自分で製作することも可能です。製作したNFTはOpenSeaなどのマーケットプレイスで販売できます。NFTにはイーサリアムを利用したスマートコントラクトが搭載されているため、ご自身が販売したNFTが転売されたときに、NFTを転売した人だけでなく制作者本人にも利益が入る仕組になっています。

転売されるたびに制作者に利益が入るため、創作意欲がかき立てられますよね。

NFTはどこで買えるの?初めてならCoincheck NFTがオススメ!

NFTはNFTマーケットプレイスで購入することができます。

NFTの購入方法
  • 暗号資産取引所の口座開設をする
  • ウォレットを準備する(MetaMaskなど)
  • 暗号資産を購入してウォレットに送金する
  • NFTマーケットプレイスとウォレットを接続する(OpenSeaなど)
  • マーケットプレイスに出品されているNFTを購入する。

NFT初心者の方にオススメの暗号資産取引所はコインチェックです。

コインチェックにはCoincheck NFTというNFTを販売しているマーケットプレイスがあります。

Coincheck NFTではコインチェック公式サイトで直接NFTを購入することができるので、ウォレットの作成やウォレットへの暗号資産の送金などは必要ありません。

コインチェックの特徴
  • 取り扱い通貨数が豊富
  • 取引画面の見やすさ・使いやすさ
  • アプリダウンロード数、国内No.1.
  • 口座開設や取引操作が簡単でスピーディー
  • 取引所のビットコイン取引手数料が無料
  • 運営の信頼性
  • 安全なセキュリティ対策
  • ビットコイン現物取引高2ヶ月連続「国内No.1」を獲得
  • 暗号資産交換業で初めてカスタマーサポート対応において最高評価の三つ星を獲得
  • サービスの多様さ
出典:コインチェック公式サイト

NFT初心者の方はコインチェックで口座開設し、お気に入りのNFTを購入してみましょう!

暗号資産を購入するには初心者でも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

Coincheck NFTでNFTを購入してみましょう!

ここではコインチェックで口座開設してからNFTを購入する手順を解説していきます。

コインチェックで口座開設する手順

①コインチェックの公式サイトから会員登録をクリック

出典:コインチェック公式サイト

②メールアドレスとパスワードを入力し、私はロボットではありませんにチェックを入れる→会員登録をクリック

出典:コインチェック公式サイト

③メールアドレスに確認メールが届く→記載のURLをクリック

出典:コインチェック

④「各種重要事項を確認する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑤「各種重要事項」を確認し、チェックを入れる→「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑥「本人確認書類を提出する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑦電話番号を入力し、「SNSを送信する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

⑧送信されたSNSに表示されている6桁の番号を入力する

⑨本人確認書類を提出する

⑩2段階認証を完了させる

口座開設完了!

コインチェックでイーサリアムを購入する手順

NFTは主にイーサリアムが決済通貨として出品されていますが、イーサリアム以外の暗号資産で決済が必要なNFTもあるので、注意しましょう。※出品者の都合で出品中に決済通貨が変更になることもあります。

①コインチェックの公式サイトの「販売所(購入)」を選択する

出典:コインチェック公式サイト

②「イーサリアム(ETH)」を選択する

出典:コインチェック公式サイト

③イーサリアム(ETH)の購入数量を指定し、表示された時価に基づいた購入金額を確認する

出典:コインチェック公式サイト

④「購入する」をクリック

出典:コインチェック公式サイト

購入完了!

Coincheck NFTでNFTを購入する手順

①Coincheck NFTをクリック

出典:コインチェック公式サイト

②Coincheck NFTで好きなNFTを購入する

出典:コインチェック公式サイト

好きなNFTは見ているだけでわくわくしますよね?                         お気に入りのNFTを見つけたら是非購入してみましょう!

まとめ

NFTは正真正銘のオリジナルです。NFT化されたデジタルデータは唯一無二のものになります。

・NFT初心者の方はまずはCoincheck NFTを確認してみましょう。

NFTを購入するにはイーサリアムが必要になりますので、事前に暗号資産取引所で購入しましょう。

暗号資産を購入するには初心者でも簡単に操作ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設できます。↓【広告】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次