MENU

NFTアートとは?NFTアートで稼ぐ3つの方法!NFTマーケットプレイスの出品方法・購入方法

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

NFTアートは高額で取引されている物も数多くある、夢のある世界です。

こちらの記事では「NFTアートとは何か」ということと、「NFTアートで稼ぐ方法」を解説していきます。

目次

NFTアートとは?

NFTアートとは、その名の通りNFT化したデジタルアートのことです。

デジタルアートはいくらでも複製可能なため、オリジナルの区別が付かず、本当に価値があるのか不明瞭ですが、NFT化することによって「唯一無二のもの」になり、真に価値のある作品になります。

イラストを描ける人などは自分の作品をマーケットプレイスに出品し、買い手がいれば利益を得ることができます。

また、NFTは価格が変動するため、NFTを購入し、価値が上がったときに売れば利益を得ることができます。

購入したNFTを転売して利益を得ることも可能です。

NFT化したデジタルアートは、その価値が明確になる!

NFTとは?

NFTとはNon-Fungible Tokenの略で代替不可能なトークンという意味です。代替不可能とはわかりやすく言うと代わりのきかないオリジナルということです。トークンとは他の暗号資産のブロックチェーン上で動作する特定の暗号資産のことです。例えばNFTは主にイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で動作する暗号資産です。

NFTアートで稼ぐ方法!NFTアートの世界に参入してみましょう!

NFTアートで稼ぐには下記の3つの方法があります。

①自分の作品を販売する
  1. NFTアートを制作する
  2. 制作したNFTアートをNFTマーケットプレイスに出品する
  3. 取引完了→利益獲得!
②投資する
  1. NFTマーケットプレイスで値上がりが期待できるNFTアートを購入する
  2. 購入したNFTアートが値上がりしたら、NFTマーケットプレイスに出品する
  3. 取引完了→利益獲得!
③転売する
  1. NFTマーケットプレイスで価値のあるNFTアートを購入する
  2. 購入したNFTアートを、購入金額以上の価格でNFTマーケットプレイスに出品する
  3. 取引完了→利益獲得!

海外と国内で高額で取引されたNFTアート

NFTアートの世界ではデジタルアーティストのBeepleの作品が約75億円で取引されたという話が有名です。

出典:CHRISTIE’S公式サイト

日本の作品では、手塚治虫の「Astro Boy/鉄腕アトム」が約5300万円で取引されました。

出典:OpenSea公式サイト

NFTアートを出品するには?

NFTアートはマーケットプレイスで出品することができます。

NFTアートの出品方法は以下の通りです。

  • NFTアートを制作する
  • 暗号資産取引所の口座開設をする
  • ウォレット(MetaMaskなど)を準備する。
  • 暗号資産取引所でイーサリアムなどの暗号資産を購入してウォレット(MetaMaskなど)に送金する
  • NFTマーケットプレイスでアカウント登録する(OpenSeaなど)
  • NFTマーケットプレイスでNFTアートをアップロードする
  • 販売の条件を設定して出品完了

手順通りにやっていただければ出品方法は難しくありません。

NFTには制作者にとって大きな利点があります。

自身が制作したNFTを販売する利点

・NFTを販売する際に事前に設定する。

 →自分が制作したNFTアートが売れる。

 →売れた作品が転売される。

 →転売した人だけでなく「制作者本人」にも一部収益が発生する。

作品が売れたときだけではなく、転売されるたびに収益が発生するため、制作者にとってはうれしいことですね。

NFTアートを購入するには?購入したNFTアートで稼いでみよう!

NFTアートはマーケットプレイスで購入することができます。

NFTアートの購入方法は以下の通りです。

  • 暗号資産取引所の口座開設をする
  • ウォレット(MetaMaskなど)を準備する。
  • 暗号資産取引所で暗号資産を購入してウォレット(MetaMaskなど)に送金する
  • NFTマーケットプレイスでアカウント登録する(OpenSeaなど)
  • マーケットプレイスに出品されているNFTアートを購入する。

購入したNFTアートは価格が変動するため、購入した価格よりも価値が上がったときに売却すれば、利益を得ることができます。もちろん価値が大きく下がることもありますので、ご自身で本当に価値のある物かしっかりと見極めることが必要です。

NFTアートを購入するには、暗号資産取引所でイーサリアムなどの暗号資産を購入する必要があります。初心者の方には簡単に取引ができるコインチェックがオススメです。コインチェックには以下から簡単に口座開設ができます。↓【広告】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次