MENU

NFTで何ができるのか?NFTであることの本質的価値とは

本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

NFTの本質的価値とは「楽しい」「面白い」という感情だと考えています。新たなサービスが生まれ、それを利用しようとするときにワクワクしますよね。NFTでもそのワクワクを感じられることでしょう。

こちらの記事では「NFTの本質的価値」について解説していきます。

目次

NFTでできることは何か?その本質とは?

出典:TheSandbox日本公式サイト

NFTの世界では「アート」の売買や「ゲーム」をプレイすることでお金を稼ぐことができますが、その他にもスポーツ選手やアイドルの「トレーディングカード」をNFTとして販売していたり、メタバースと呼ばれる仮想空間で動かす自身のアバターに着せる「ファッション」などがNFTとして販売されています。

これには大手企業も参入しているため、NFTの市場価値が高いという証でもあります。

NFTは一時的な、いわゆる儲け話だと思われる方もいるかもしれませんが、その本質は「楽しい」「面白い」というものです。

新たなサービスが生まれるときにお金の話が付いてくるのは当然ですが、どのサービスも人々の生活を向上させることが目的になっています。

NFTをお金を稼ぐ手段として考えることも個人的にはとてもオススメですが、それと同時に世界観を楽しむということがNFTの本質的価値であると感じています。

NFTであることの価値とは?有形資産と無形資産は同じ価値

NFTでできることは多岐にわたります。「アート」、「ゲーム」、「トレーディングカード」、「ファッション」などがデジタルの世界で展開されています。

これらは所有することで価値があるように感じますが、NFTが誕生してから価値の概念が変わったように思います。

NFTは唯一無二の価値を持つものですが、実際に触れることができる「有形資産」と比較すると、「有形資産」の方が価値があると感じる方も多いかもしれません。

NFTは「無形資産」に当たりますが、世間に正確に認知されれば、NFTの価値を疑っている人も「有形資産」と同様の価値があると気づく方が増えていくと思います。

何よりNFTはデジタルデータのため劣化をしません。

しかもコレクションを置くための「場所」がいらなくなり、せっかく購入した資産を安価で処分するということも起こりません。

資産は人が価値を感じることでその価値が認められますが、それは「有形資産」も「無形資産」のNFTも変わりません。

まとめ

・NFTの本質的価値は「楽しい」「面白い」という感情だと思っています。

・NFTは「唯一無二である」「劣化しない」「場所をとらない」という特徴もあり有形資産と同様の価値があると感じています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2017年に初めて暗号資産を購入し、1年後に購入した金額の約20倍に高騰したことで、暗号資産の可能性を感じた。現在は日々、暗号資産の動向を研究している。元社会保険労務士。暗号資産投資歴7年以上。株式投資歴10年以上。

目次